眼科医に聞いた!視力回復法の真偽

眼科医に聞いた!視力回復法の真偽
0.1まで悪くなった視力を、再び1.5に取り戻す――。そんなミラクルな視力回復メソッドは、はたして存在するのだろうか? 世のなかには「視力回復トレーニング」をうたったさまざまな手法があふれているが、実際のところどこまで効果があるのだろう?

数多くの小児眼科疾患に対応している日本橋はま眼科クリニックの院長・浜由起子先生に、視力回復トレーニングの効果について聞いた。

「そもそも一般の方が考える“視力回復”と、眼科医が考える“視力回復”には大きな違いがあります。一般の方が思う“近視になったから眼鏡をかける”という状態を、目が悪くなっている、と捉える眼科医はひとりもいません。眼鏡やコンタクトレンズで1.5が出るのならば問題はない、というのが眼科医の共通見解。近視を戻すというのは現時点では不可能ですし、進行を予防するために眼鏡やコンタクトといったさまざまな方法が検討されていますが、まだ画期的な方法は見つかっていません」(浜先生 以下同)

●よく見かける視力回復グッズの効果の真偽は?

ちまたには、ピンホールメガネと呼ばれる特殊なサングラスや「緑の丸を目で追う」動画など、視力回復グッズやツールが数多くある。これらを続けたからといって、視力がよくなるということもありえないのだろうか?

「ピンホールメガネのように小さな穴があいたサングラスをかけて対象物を見つめると、1.2の視力が出たりすることがあります。これは、目を細めると遠くがよく見えるようになる『ピンホール現象』と呼ばれるものであって、一時的に視力が上がったように見えるだけ。通常時に0.3の視力が1.5になるということは残念ながらありえません」

あわせて読みたい

mamatennaの記事をもっと見る 2015年6月18日の女性コラム記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

女性コラムニュースアクセスランキング

女性コラムランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

コラムの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

女性が気になる恋愛、美容、グルメ、トレンドスポット情報が充実。