月経の不快な症状にピルを使うには

避妊薬としてだけでなく、PMS(月経前症候群)対策や月経困難症(いわゆる生理痛)にも使えるというピル。生理痛の痛みの度合いは人それぞれ違うものだが、どの程度の症状で処方の相談をできるのだろうか?

「生理痛が少し気になる程度でも、ご相談いただいて大丈夫です。来院する20~30代の女性の場合、ピルを処方するケースは、生理痛、月経不順、月経前症候群(PMS)の症状の方が多いですね」(よしの女性診療所 吉野一枝先生 以下同)

20~30代の女性は重い生理痛に悩む人が多い。ピルは特にこの痛みに効果を発揮してくれるのだとか。

「ピルを飲むことで生理痛はかなり良くなります。また、生理痛がある人は子宮内膜症の予備軍ともいわれています。生理痛が重い場合は一度産婦人科で診察を受け、子宮内膜症の予防や治療にも使われているピルの処方を相談するのがいいでしょう」

また、ピルは過多月経で貧血になる人にも有効だそう。

「ピルを飲むことで、月経の出血量は軽減します。なかには、ピルを服用することで1~2日程度で生理期間が終わる方もいらっしゃいます。生理周期も整えてくれるので、生理不順の人は28日周期ぴったりになります。予定も立てやすくなりますし、月経日の移動もできるので、受験などの重要な日を控えている方にも役立ちます」

子宮筋腫などで過多月経になると、貧血で鉄剤を処方されることがあるが、そのような症状にもピルは有効なのだそうだ。

当時の記事を読む

mamatennaの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

コラムニュースランキング

コラムランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2016年2月17日の女性コラム記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

女性が気になる恋愛、美容、グルメ、トレンドスポット情報が充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。