髪の毛で社会貢献できる「ヘアドネーション」とは?

女優の柴咲コウがバッサリ髪をショートにし、その理由をインスタグラムに投稿したことなどから注目されている「ヘアドネーション」。

これは、病気やケガより頭髪に悩みを抱える子どもたちの医療用ウィッグのために、自分の髪を寄付するというもの。

いったいどんなきっかけで始まったものなの? 100%寄付された髪の毛で医療用ウィッグ「Onewig」を作り、無償でプレゼントしている特定非営利活動法人Japan Hair Donation & Charity 通称「JHDAC(ジャーダック)」代表の渡辺貴一さんに聞いた。

「JHDACを法人設立したのは、2009年9月1日。もともと美容師である自分にとって、『髪は切った瞬間にゴミになってしまう。ただゴミになるのは、もったいない。これは世の中の役に立つのではないか』と考えたのがきっかけです」(渡辺さん 以下同)

せっかくの技術を、ただお金儲けだけに使うのは勿体無い。そこから何か社会に還元できないか? “髪への恩返し”ができないか? ということから、美容師にできる方法として思いついたのが「ヘアドネーション」だったという。

●周知活動はゼロ。寄付した人たちの善意から広まった

しかし、渡辺さんいわく「もともと単純な動機で始まった」活動であり、何の周知活動もしてこなかったそう。では自然に広まっていったのは、なぜなのか。

「髪を寄付してくださる方たちが『ほかの美容師さんにもっと知ってもらったら?』などと広めてくれたのです。もともとロングヘアには高いシャンプーやドライヤー、美容室代など、たくさんのお金がかかっているもの。『切った髪がゴミになるのはもったいない』と感じている女性たちの潜在需要が多かったのだと思います」

あわせて読みたい

mamatennaの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

女性コラムニュースアクセスランキング

女性コラムランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2017年1月3日の女性コラム記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

女性が気になる恋愛、美容、グルメ、トレンドスポット情報が充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。