家では話すのに学校で話せないわが子。「緘黙症」とは?

家では活発に話すのに、幼稚園や学校ではまったく話さないわが子。いったいわが子に何が起こっているの? と戸惑ってしまう親御さん…。それは、もしかしたら“緘黙症(かんもくしょう)”かもしれません。



●どの場面でも話すことができない“全緘黙症”と、ある特定の場所で話せないが家庭では話す“選択緘黙症”がある

「“緘黙症”とは、不安や恐怖が原因で、本人に話したい意思があっても話せない状態をいい、情緒障害や精神疾患として位置づけられています」

そう話すのは、『子どもも親も幸せになる 発達障害の子の育て方』の著者・立石美津子さん。緘黙症には2つの種類があるという。

「家庭でも、どの場面でも話すことができない“全緘黙症”と、話すことを期待されている特定の場所、例えば幼稚園や保育園、小学校などでは一切しゃべらないけれど、家庭ではよくしゃべるなどの“選択性緘黙症”(場面緘黙症と呼ぶ場合もある)があります。たいていは後者で、集団生活が始まる幼稚園入園を機に周りが気づくことが多いです。また、声だけでなく、笑顔がなくなったり、身体の動作が止まったりする症状で表れる場合もあります」(立石さん 以下同)


●改善させようと追い込まず、専門家や周りの協力を得ながら、その子に合った接し方でサポートしよう!

言葉の遅れや発声障害で話すことができないのではなく、本人は話したくても話せない状態であることを、周りが理解することが大事だという。

あわせて読みたい

mamatennaの記事をもっと見る 2017年1月26日の女性コラム記事
「家では話すのに学校で話せないわが子。「緘黙症」とは?」の みんなの反応 1
  • 匿名さん 通報

    この記事は立石さんのお話通りのままですか? 立石さんは緘黙に詳しい訳でもなく正しく認識なさっている様にも思えません。緘黙を知っている方の場合この様な説明はしません。この緘黙の説明は間違っています。

    2
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

女性コラムニュースアクセスランキング

女性コラムランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

コラムの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

女性が気になる恋愛、美容、グルメ、トレンドスポット情報が充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。