夫婦の会話がかみ合わないのは離婚の前触れ!?

言葉は通じるのに会話が成立しない――。

結婚当初に比べて、夫との会話がかみ合わないと感じる妻は少なくないよう。でも、どうして夫婦の会話がかみ合わなくなるの? 数々の夫婦からの相談を受けてきた家族問題コンサルタントの池内ひろ美さんに聞いた。

●会話がかみ合わないのは○○がなくなっているから!

「まず思い出していただきたいのは、結婚前の二人が話をしていた様子。恋愛中は相手のことを知りたいと思うから、相手が話していることを一生懸命聞きますよね。話す側も、こちらのことをわかってもらいたいから相手に伝わるように丁寧に話していたはず。ところが結婚すると、自分のことはわかっていてくれて当然、相手のことも知っていると思いがち。相手への興味関心がなくなるため話が通じないと感じ始めます」(池内さん 以下同)

池内さんによれば、「そもそも、恋愛中のときも会話がかみ合っていたとは限らない」という。それでも、お互いに相手に対して興味関心があるから、相手のことを理解しよう、自分のことを理解してほしいということでコミュニケーションが取れていたのだとか。

「妻は夫に対して、『お金を稼いでくれる』『子どもを守ってくれる』という関心があります。でも、夫はできるだけ多くの女性に種をまいて子孫を残したいという男性の本能がありますから、たとえ妻がどんなに美人でも、結婚すると興味関心が薄れる人が多いんですね」

つまり、夫との会話を成立させたいなら、妻側が伝える努力をしないと、どんどん話が通じなくなってしまうのだとか。でも、なんだか不公平なような…。

あわせて読みたい

気になるキーワード

mamatennaの記事をもっと見る 2017年5月17日の女性コラム記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「シングルマザー」のニュース

次に読みたい関連記事「シングルマザー」のニュースをもっと見る

新着トピックス

女性コラムニュースアクセスランキング

女性コラムランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

コラムの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

女性が気になる恋愛、美容、グルメ、トレンドスポット情報が充実。