家のパソコンは大丈夫?過去のOSはいつまで使えるの?

一昔前は性能向上が著しく、2~3年も使えば買い替えを余儀なくされていたパソコン。でも、最近は低価格のものでも十分な性能があることから、長く使っても買い替えの必要性は感じられなくなりました。ところが、性能は問題がなくても、OSにはサポート期限というものがあるのは意外と知られていません。OSのサポート期限と、期限が切れたらどうなるのかについてまとめます。

●Windowsは10年がサポート期限

基本的にWindowsはOSのリリースから10年はMicrosoftがサポートをしてくれます。例えばWindows8.1は2013年リリースなので、2023年まではサポートを受けられます。Windows7は2009年リリースですが、ちょっと長目の2020年1月までサポート期限が設定されています。それより前のWindows Vistaは2017年4月にサポートが切れていますので、Vista以前のWindowsであるWindows XPももちろんサポートが切れています。

Windows10からは、バージョンを変えずに機能追加が行われるため、Windows Updateをしっかり行っていれば、ずっとサポートがされるようになるようです。また、iPhone人気でシェアを伸ばしたMacはサポート期限の名言はしていませんが、実質2年間となっているようです。もっとも、Macは無料でバージョンアップが行えるので、常に最新OSにバージョンアップをしていれば問題はなさそうです。

あわせて読みたい

mamatennaの記事をもっと見る 2017年5月14日の女性コラム記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

女性コラムニュースアクセスランキング

女性コラムランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

コラムの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

女性が気になる恋愛、美容、グルメ、トレンドスポット情報が充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら