夏に悪化傾向がある!子どもの猫背が及ぼす悪影響

わが子の姿勢が悪いな~と思う時はないだろうか。気がつくと注意をするが、なかなか治らない。無理に背筋を伸ばさせても、ちょっと気を許すとたちまち元に戻る、この繰り返し。しかし猫背を放置すると子どもでもさまざまな不調が現れることもあるという。どんな体の不調が現れるのか、猫背の矯正を専門に扱う治療家の小林篤史先生に話を聞いた。

●猫背は夏にひどくなる

「今小中学生でも猫背は非常に多いですね。携帯電話やスマートフォンなどを使うと、うつむいて液晶画面をのぞき込む姿勢になりますよね。このまま“スマホ首”で使う時間が長くなればなるほど、顔が前に出た猫背になります。こんな姿勢を治したいと思っていても、親自身も猫背をどうやって治すかを分からないので、“姿勢をよくしなさい!”と注意して一旦まっすぐにするだけ。悪い姿勢に慣れてしまった子どもにとって、猫背でいる方が楽なので、すぐに元に戻ってしまいます」(小林氏 以下同)

しかし、いくら猫背が楽だと言っても「猫背が身体に負担をかけない」という意味ではないという。子どもの猫背は、どんなリスクがあるのか?

「うちの治療院にも猫背の子どもがよく来るんですが、腰痛や肩こり、目の疲れさまざまな症状が出ています。中学生1年生の男子が野球練習中にぎっくり腰で来たこともあります。本人は気付いていないケースが多いのですが、すべて猫背の影響で起きていました。猫背というと冬のイメージかもしれませんが、夏は筋肉が疲労しやすいのです。筋肉が疲労すると身体を支える力がなくなり、ぐったりと前屈みになるので、ますますひどくなる傾向があります」
編集部おすすめ

当時の記事を読む

mamatennaの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

女性コラムニュースランキング

女性コラムランキングをもっと見る
お買いものリンク