夏休み明けの子どもの自殺急増、その理由とは?

内閣府の「自殺対策白書」で、過去42年間にわたる18歳以下の子どもたちの日別自殺統計が発表されました。データによると、1年のなかでもっとも自殺が多い日は、9月1日であることが分かります。

夏休み明けに当たる9月1日に、なぜ突出しているのでしょうか?NPO法人「ストップいじめ!ナビ」の須永祐慈さんに、「連休明けブルー」がはらむ危険性について聞きました。

●9月1日の子の自殺急増、学校生活が関連していることは明らか

過去42年間の統計では、9月1日に計131人、続いて4月11日の99人と、新学期のスタート時に自殺者が多いことが明らかにされています。

「逆に、夏休み中は自殺者数が少し下がります。これは、明らかに学校生活の再開に関連していることは統計データからわかると思います。学校が生活基盤になっている子どもにとっては、当たり前のことですが、学校に行くことについて極度なプレッシャーが掛かっている。それは、いじめであったり、教師との不和であったり、長時間学校に居続けなければいけないことであったり、さまざまなストレスが存在していることの顕れだと考えられます」(須永さん、以下同)

実際、夏休み明けに学校に行きたくない、と駄々をこねる子どもは少なくありません。それゆえ、自殺という選択をとる子どもに対して、「極端すぎるのではないか」「自分の子どもはそこまで深刻ではない」などと大人は考えてしまいがちです。しかし、須永さんは、その考え方自体が危険だと警鐘を鳴らします。

あわせて読みたい

mamatennaの記事をもっと見る 2017年8月22日の女性コラム記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

女性コラムニュースアクセスランキング

女性コラムランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

コラムの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

女性が気になる恋愛、美容、グルメ、トレンドスポット情報が充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。