特定の食材や食感を極端に嫌う…発達障害に伴う偏食って?

       
個人差はあるものの、どの子にも食べ物の好き嫌いはあるもの。その理由はさまざまだが、ひとつは子どもの味覚は発達途中のため、味に慣れていないことで、その食べ物を嫌うことがある。

しかし、発達障害に起因している可能性が考えられる偏食があるという。発達障害に詳しいメディカルスウィッチインクリニックの小林由佳先生に聞いた。

「まず発達障害とは、自閉症スペクトラム障害やADHD(注意欠如・多動性障害)などの総称で、子どもの発達期に起きる何らかの脳の機能といわれている。人との交流が苦手だったり、落ち着きがなかったり…それが、社会生活に支障が生じるような偏りの見られる状態を指します」(小林先生 以下同)

●発達障害による偏食とは

発達障害が関わる偏食とは、どのようなものがあるのだろうか?

「赤い色の食べ物は食べられない、フニャフニャの食感のものはダメ、などのこだわりが見られます。成長過程でみられるような、野菜の苦味などの味が原因によることだけでなく、発達障害児では、感覚過敏や、こだわりによることがあります。過敏さから、ふにゃふにゃな食感がダメだったり、赤い色のたべものは嫌いといった、見た目や、色といった視覚的なところでのこだわりであることも考えられます」

小林先生によると、同じ発達障害児に見られる偏食でも、子どもによって見られる行動はまちまち。敏感に反応するだけでなく、鈍感な感覚を持ち合わせていることもあるとか。

あわせて読みたい

mamatennaの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

女性コラムニュースアクセスランキング

女性コラムランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2017年11月6日の女性コラム記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

女性が気になる恋愛、美容、グルメ、トレンドスポット情報が充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。