子どもと一緒に劇場デビュー!初めて舞台鑑賞をするときの注意点は?

冬休みや夏休みなど、大きなお休みのときは子ども向けのイベントも多く、親子で「劇場デビュー」するのに最適な時期! でも初めて子どもを劇場に連れていくのに、お行儀よくしてくれるか、飽きずに観てくれるか心配も…。今回は、子どもの劇場デビューの際に知っておきたいマナーや豆知識を、ダンス・バレエを中心に記事を執筆するライターの森菜穂美さんに聞きました。

4歳からでも観られる舞台が多数!演目の選び方は?

年間100公演以上鑑賞し、自身も4歳のお子さんがいる森さん。「最近は未就学児NGではなく、4歳から入場できる公演が増えてきた」と言います。

「子どもでもあらすじがわかるように解説が入ったり、子どもも一緒に体験できるワークショップ形式だったりと、小さなお子さんも飽きずに観られる工夫がされた公演は増えています。とくに大きなお休みのタイミングでは、子ども向け企画が多いですよ。また、新国立劇場や東京芸術劇場など、公共劇場には託児室が設けられているところも多く、お子さんを預けて舞台鑑賞をすることもできます」(森さん、以下同)

子どもが観るのによい舞台は、どんなものがありますか?

「子どもは暗いところが苦手なので、照明の明るい演目がよいと思います。バレエやミュージカルもいいですが、私のおすすめはコンテンポラリーダンス。バレエやジャズダンス、ヒップホップなど、既定の概念にとらわれずに生み出された自由なダンス。NHK教育テレビでおなじみの近藤良平さん率いる『コンドルズ』が有名ですね。動きの面白いものも多く、子どもも飽きずに楽しみやすいと思います」...続きを読む

あわせて読みたい

mamatennaの記事をもっと見る 2018年1月13日の女性コラム記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

女性コラムニュースアクセスランキング

女性コラムランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

コラムの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

女性が気になる恋愛、美容、グルメ、トレンドスポット情報が充実。