「ミンティア」のオンライン・オフライン統合施策 テレビCMでの非接触を特定しLINE広告でリーチ

 アサヒグループ食品が販売する清涼菓子「ミンティア」は、これまでテレビCMを中心とした広告展開を行い、18年連続で売り上げを成長させてきた。昨年から、あまりテレビを見ない層へのリーチを拡大し、インクリメンタルリーチを獲得することを目指し、電通が提供するテレビ視聴データとデジタル広告配信を連携させる「STADIA」とLINEの広告プラットフォーム「LINE Ads Platform」を組み合わせた施策を展開。これにより、新たなユーザーへのリーチと、さらにブランド認知の向上を実現したという。その施策や成果について、アサヒグループ食品の小林芽生子氏、電通デジタルの落合陽輔氏、LINEの小木曽文章氏に話を伺った。

■ミンティアがデジタル広告に期待する課題解決

 アサヒグループ食品が販売する錠菓菓子「ミンティア」は18年連続で売り上げを更新し、2018年は売り上げ219億円を達成した人気商品だ。錠菓市場自体も前年比10%の成長をしており(※)、好調な市場だと言える。しかし、同社でメディアプランニングを手がける小林氏によると、あまりテレビを見ない層へリーチできていないことは、ここ数年の懸案事項だったという。

※INTAGE食品SRI/キャンディ(錠菓市場)/全国(沖縄を除く)/全業態/2017.1~2018.12(金額)

 「デジタル広告のプランニングの中で、あまりテレビCMを見ない層へのリーチを拡大し、インクリメンタルリーチを獲得するという目標がある一方、KPI設定には課題感がありました。リーチ獲得をオンライン・オフライン統合で見られる物差しがあれば良いなとずっと思っていました」(小林氏)

あわせて読みたい

MarkeZineの記事をもっと見る 2019年6月24日のIT記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

ITニュースアクセスランキング

ITランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

最新IT業界情報やiPhoneやAndroidやガジェット、話題のサービス、IoT情報、スタートアップにまつわるニュースをお届け中。