「Google Marketing Live 2019」キーノートで発表された新機能まとめ

 米国時間2019年5月14日(火)、サンフランシスコで「Google Marketing Live 2019」が開催されました。本稿では、キーノートで発表されたアップデートについて紹介します。

■矛盾するユーザーの要求にどう答えるか

 米国時間2019年5月14日(火)、Googleは、Google広告や「Google Marketing Platform(旧DoubleClick関連製品およびGoogleアナリティクス)」など、マーケティング関連プロダクトに関するアップデートを発表する「Google Marketing Live 2019」をサンフランシスコで開催しました。

 このイベントは毎年1回開かれており、「Google Marketing Live 2019」は、昨年7月に行われた「Google Marketing Live 2018」を引き継ぐ形になります。昨年の発表については、こちらの記事をご参考ください(すべての広告主の手に機械学習を/Googleの表明と16のポイント【GML2018】)。

 GoogleのSenior Vice Presidentで広告関連製品のビジネスを統括するPhilipp Schindler氏は、キーノートの冒頭で、世の中の変化について、下記の3つの点を強調しました。

1.スマートデバイスの登場

 スマートフォンはもちろんのこと、スマートスピーカー、スマートテレビなど、様々なデバイスが登場し、ユーザーはよりパーソナライズされた精度の高い体験を期待していること。

あわせて読みたい

気になるキーワード

MarkeZineの記事をもっと見る 2019年5月16日のIT記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「Apple」のニュース

次に読みたい関連記事「Apple」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「マイクロソフト」のニュース

次に読みたい関連記事「マイクロソフト」のニュースをもっと見る

新着トピックス

ITニュースアクセスランキング

ITランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

最新IT業界情報やiPhoneやAndroidやガジェット、話題のサービス、IoT情報、スタートアップにまつわるニュースをお届け中。