JR東日本スタートアップとサインポスト、新会社TOUCH TO GOを設立 無人AI決済店舗を実現へ

JR東日本スタートアップとサインポスト、新会社TOUCH TO GOを設立 無人AI決済店舗を実現へ
2018年度の実験の様子
 JR東日本スタートアップとサインポストは、無人AI決済店舗の本格的な事業化に向け、合弁会社「株式会社TOUCH TO GO」を7月1日に設立する。

 両社は顧客へのサービス向上や従業員の働き方改革、人手不足の解消を目的に協業を進めてきた。サインポストは「JR東日本スタートアッププログラム」の一環として、2017年度に無人AI決済システム「スーパーワンダーレジ」を活用した無人AI決済店舗の実証実験を大宮駅で実施。2018年度には、商品認識率と決済認識率を向上させ、第二弾の実証実験を赤羽駅で展開した。
2018年度の実験の様子

 今回両社は、システムの改良などにより無人AI決済店舗の開発を加速させるため、合弁会社の設立に至った。

【関連記事】
スシロー、画像認識による自動皿会計システムなどを取り入れた「次世代型スシロー店舗」をオープン
ヤマト運輸、セルフ型店舗「クロネコスタンド」をオープン PUDOに入らない大きな荷物も受け取り可能に
化粧品ブランドのLUSH、デジタルを駆使した体験型店舗を新宿にオープンへ アプリで商品情報を確認可能
デジタルガレージ、d払いなどQR決済の店舗一括導入サービスを提供 乱立する決済業者との個別契約不要に
ワコール、店舗でAI接客 インナーウェア探すお客様にタブレットのチャットボットで商品提案

■記事全文へ

あわせて読みたい

気になるキーワード

MarkeZineの記事をもっと見る 2019年6月26日のIT記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「ベンチャーキャピタル」のニュース

次に読みたい関連記事「ベンチャーキャピタル」のニュースをもっと見る

新着トピックス

ITニュースアクセスランキング

ITランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

最新IT業界情報やiPhoneやAndroidやガジェット、話題のサービス、IoT情報、スタートアップにまつわるニュースをお届け中。