クレジットカードNPS1位は楽天カード ポイントとユーザビリティが好評【NTTコム オンライン調査】

クレジットカードNPS1位は楽天カード ポイントとユーザビリティが好評【NTTコム オンライン調査】
 NTTコム オンライン・マーケティング・ソリューション(以下、NTTコム オンライン)は、クレジットカード業界を対象に、顧客ロイヤルティを測る指標であるNPSベンチマーク調査を実施した。この結果、最もNPSが高いのは楽天カードとなった。

 業界全体でみると、ポイントの貯まりやすさや還元率向上への期待値が、非常に高い結果となった。また、会員向けサイトやアプリの利用有無によりNPSに差がみられ、デジタルの活用を通じた顧客体験向上が、NPSを押し上げる要因となっていることがわかった。

●NPS1位は楽天カード

 クレジットカード業界16社のうち、NPSのトップは楽天カード(-19.9ポイント)。最下位の企業との差は43.0ポイントで、16社の平均は-42.8ポイントとなった。

●期待値と満足度のギャップが最も大きいのは、4年連続で「ポイントの貯まりやすさ」

 17の要因別に重要度および満足度をきいたところ、業界全体として、重要度が高いにもかかわらず満足度が伸びなかった(重要度と満足度のギャップが最も大きかった)項目は、4年連続で「ポイントの貯まりやすさ・還元率」となり、ポイントに関するユーザーの期待値が引き続き高いことがわかった。

 NPSトップの楽天カードは、ポイント関連項目で他社よりも大幅に高い評価を得ているのに加え、「ウェブサイトの使いやすさ」等のユーザビリティにおいても、業界トップの評価を得た。

あわせて読みたい

気になるキーワード

MarkeZineの記事をもっと見る 2019年6月26日のIT記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「マーケティング」のニュース

次に読みたい関連記事「マーケティング」のニュースをもっと見る

新着トピックス

ITニュースアクセスランキング

ITランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

最新IT業界情報やiPhoneやAndroidやガジェット、話題のサービス、IoT情報、スタートアップにまつわるニュースをお届け中。