2019年、日本におけるオンライン広告詐欺の被害総額は、少なくとも680億円【CHEQ調査】

 CHEQ AI Technologies(以下、CHEQ)が実施した世界的な調査によると、マーケティング担当者たちは、日本においてオンライン広告詐欺における被害総額が680億円に上ると予測していることがわかった。

 CHEQは、ボルチモア大学の教授であるエコノミスト、ロベルト・カバゾス氏に依頼し、最新の経済分析、独自のCHEQデータ、および専門家のインタビューを介して、本格的なオンライン広告詐欺についての報告書をまとめた。

 この報告書によると、日本で直接的に経済へ及ぼす広告詐欺の被害総額は控えめに見積もっても680億円と試算されるという。広告主や媒体社の信頼性低下、技術革新の減少、およびオンライン広告への投資意欲の低下など間接的に経済および社会に与える被害を考慮すると、被害総額は、さらに上昇することが予測されている。

 同報告書では、急成長している日本のオンライン広告業界(1兆7,590億円規模)において、この広告費を狙った広告詐欺の影響は全体の4-10%程度と予測。広告詐欺で失われた広告費用は高単価広告商品、低単価広告商品問わず混在している状況であるが、低単価広告商品における影響度が甚大であることが明らかになった。

 さらにグローバルでは、オンライン広告詐欺被害は今年230億ドル(2兆4,890億円)規模に上るとマーケティング担当者たちが予想していることが、CHEQの調査でわかっているという。

【関連記事】
fluctのSSP、Phybbitのアドフラウド対策ツール「SpiderAF」を導入
アドフラウドは2025年までに約5兆4,188億円に増加/Phybbitが最新調査レポートを公開 
AI搭載アドフラウド対策ツール「SpiderAF」がアプリ広告の無料健康診断を開始
マーベリックの「Cirqua」、アドフラウド情報を広告配信事業者間で共有する「SBL」に参画
ヤフー、広告品質におけるスタンダードを策定 アドフラウドやブランドセーフティに対する指針示す

■記事全文へ

あわせて読みたい

気になるキーワード

MarkeZineの記事をもっと見る 2019年9月18日のIT記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「マーケティング」のニュース

次に読みたい関連記事「マーケティング」のニュースをもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ITニュースアクセスランキング

ITランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

最新IT業界情報やiPhoneやAndroidやガジェット、話題のサービス、IoT情報、スタートアップにまつわるニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら