ドコモ、災害やイベント時に活躍するLTE「Xi」(クロッシィ)対応の移動基地局車を導入

ドコモ、災害やイベント時に活躍するLTE「Xi」(クロッシィ)対応の移動基地局車を導入
移動基地局車
ドコモ、災害やイベント時に活躍するLTE「Xi」(クロッシィ)対応の移動基地局車を導入
株式会社エヌ・ティ・ティ・ドコモは29日、地震や大雨などの自然災害や集客イベント時などでの通信確保のため、高速通信サービスLTEに対応した「Xi」(クロッシィ)移動基地局車を、3月31日から導入すると発表した。

同発表によると、これまではFOMA対応の移動基地局車が約50台あったが、それを「Xi」対応に改良して順次導入していくという。移動基地局車の役割は、大規模災害時に被災地で迅速に携帯エリアを復旧させることや、花火大会・大型コンサートなどの集客イベント時に、基地局車周辺における通信を確保することにある。同時に通信品質の維持、向上も果たすため、「Xi」対応とすることで、これまで以上の高速通信を実現できるという。

まずは3月31日に1台導入して、順次増やし、2013年夏までには全国で約30台の稼働を目指すという。一部車両では受信時最大112.5Mbpsの高速通信サービスにも対応する予定。


移動基地局車

あわせて読みたい

MdN Design Interactiveの記事をもっと見る 2013年3月29日のIT記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

> 今日の主要ニュース > 国内の主要ニュース > 海外の主要ニュース > 芸能の主要ニュース > スポーツの主要ニュース > トレンドの主要ニュース > おもしろの主要ニュース > コラムの主要ニュース > インタビューの主要ニュース

ITニュースアクセスランキング

ITランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

最新IT業界情報やiPhoneやAndroidやガジェット、話題のサービス、IoT情報、スタートアップにまつわるニュースをお届け中。