docomo、冬モデルはさらに攻撃的にソニー、シャープ、富士通のスリートップ!?

docomo、冬モデルはさらに攻撃的にソニー、シャープ、富士通のスリートップ!?
「Xperia A SO-04E」
docomo、冬モデルはさらに攻撃的にソニー、シャープ、富士通のスリートップ!?
英Reuters(ロイター)は14日、複数の情報筋からの話として、NTTドコモ(docomo)の2013年冬モデルはソニーモバイル、シャープ、富士通の3社のスマートフォンを大々的に売り出す“スリートップ”戦略になると報じた。

ソニーは夏モデルで「Xperia A SO-04E」がツートップに選ばれて好調な売り上げを記録。冬モデルではフラッグシップモデルの「Xperia Z」の後継モデルが投入される見込みだという。また、シャープと富士通に関しては、夏モデルの「AQUOS PHONE ZETA SH-06E」(シャープ)と「ARROWS NX F-06E」(富士通)が性能やバッテリーの持ちで評価され、後継モデルが冬の目玉に選ばれたという。

なお、ツートップの片方だったサムスンは、冬にフラッグシップモデルを投入しない可能性があることから、スリートップに含まれないという。ただ、数機種は発売される見込みで、Galaxyの日本専用モデルのスマートフォンとファブレットサイズの「Galaxy Note III」を供給するとしている。


「Xperia A SO-04E」


「GALAXY S4 SC-04E」

ツートップ戦略は、ソニーの「Xperia A SO-04E」が130万台、サムスンの「GALAXY S4 SC-04E」が70万台と好調な売り上げを記録したものの、他の機種は1万台に止まるなど格差が大きかった。結果、スマートフォン事業からNECの撤退とパナソニックも撤退が確実視されるという弊害も生みだした。

スリートップについてのプロモーションの詳細は出ていないものの、報道では、2013年夏モデルの“ツートップ”の時のように、本体価格を大幅に値引くというような内容になるのではないかと推測している。


Reutersの記事

あわせて読みたい

気になるキーワード

MdN Design Interactiveの記事をもっと見る 2013年8月14日のIT記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「スマートフォン」のニュース

次に読みたい関連記事「スマートフォン」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「タブレット」のニュース

次に読みたい関連記事「タブレット」のニュースをもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース インタビューの主要ニュース

ITニュースアクセスランキング

ITランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

最新IT業界情報やiPhoneやAndroidやガジェット、話題のサービス、IoT情報、スタートアップにまつわるニュースをお届け中。