ソニー、仮想大画面でスマホコンテンツを楽しめるヘッドマウントディスプレイ2機種

ソニー、仮想大画面でスマホコンテンツを楽しめるヘッドマウントディスプレイ2機種
「HMZ-T3W」
ソニー、仮想大画面でスマホコンテンツを楽しめるヘッドマウントディスプレイ2機種
ソニー株式会社は3日、スマートフォンやタブレットなどのモバイル機器のコンテンツを、750型相当の仮想ワイドスクリーンで楽しめる、ヘッドマウントディスプレイ「HMZ-T3W」「HMZ-T3」を11月中旬に発売すると発表した。価格はオープンで、予想実売価格は上位機種の「HMZ-T3W」が10万円前後、「HMZ-T3」が8万円前後。

本製品は、バッテリーを新たに搭載し、自由なスタイルで映像コンテンツを楽しめるようになったヘッドマウントディスプレイ。本シリーズ3代目にあたり、これまでの製品とは仕様が大きく異なる、フルモデルチェンジとも言えるモデルになっている。接続できる機器はAV機器に加え、モバイル端末を追加。スマートフォンやタブレットのインタネット動画などが視聴できるようになった。上位機種「HMZ-T3W」では、WirelessHDを搭載し、ヘッドマウントユニットとプロセッサーユニットのワイヤレス接続が可能になっている。加えて、WirelessHDは映像と音声を非圧縮・低遅延で伝送できるので、ケーブル接続と変わらない品質を実現できるという。

映像面では、新開発LSIの搭載と光学ユニットの刷新で、高い解像度や滑らかな階調表現、映像遅延の短縮などを実現している。音響に関しても、従来の「5.1ch VPT」から「7.1ch VPT(Virtualphones Technology)」にすることで、臨場感と立体感溢れるサラウンド音場となっている。

装着性能では、ヘッドパッドを従来品の約1.8倍にして圧力を分散し、上側のヘッドバンドを頭の形に合わせて角度調節可能にすることで、かけ心地やフィット感を向上させている。また、曲線状のバンドで耳の周りのスペースを確保することで、幅広いタイプのヘッドホンにも対応している。

スペックは、1280×720画素HD有機ELパネル×2、視野角約45度、仮想画面サイズ750インチ、ヘッドホンタイプ密閉型インナーイヤー、入出力端子プロセッサーユニット:HDMI入力3系統/HDMIスルー出力1系統・バッテリーユニット:HDMI/MHL入力1系統、ヘッドマウントユニットサイズ189(幅)×148(高さ)×270(奥行)mm、重量約320g。


「HMZ-T3W」


「HMZ-T3」

ソニー株式会社
予想実売価格:
10万円前後「HMZ-T3W」
8万円前後「HMZ-T3」
URL:http://www.sony.jp/CorporateCruise/Press/201309/13-0903/
2013/09/03

あわせて読みたい

気になるキーワード

MdN Design Interactiveの記事をもっと見る 2013年9月3日のIT記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「スマートフォン」のニュース

次に読みたい関連記事「スマートフォン」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「タブレット」のニュース

次に読みたい関連記事「タブレット」のニュースをもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ITニュースアクセスランキング

ITランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

最新IT業界情報やiPhoneやAndroidやガジェット、話題のサービス、IoT情報、スタートアップにまつわるニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら