NIMS、ハサミで好きな形に切れるディスプレイを開発

NIMS、ハサミで好きな形に切れるディスプレイを開発
好きな形に切れるディスプレイ
NIMS、ハサミで好きな形に切れるディスプレイを開発

好きな形に切れるディスプレイ

国立研究開発法人物質・材料研究機構(NIMS)の樋口昌芳氏らの研究グループは、ハサミで好きな形に切れる新しいディスプレイを開発したと発表した。

同ディスプレイは、使用者の好きな形に切り取って使用可能で、衣服や建物など複雑な形状のものに張り付けて使用できる。

一般的な液晶ディスプレイは液体を使用しており、有機ELは水や酸素などの不純物に弱いため、それぞれ周囲を封止する必要があり、完成後に切って自由に形を加工することはできない。また、これらのディスプレイは、表示を保持するために電気を流し続ける必要があり、ディスプレイは電源や駆動装置と一体化されているため、切れるディスプレイの開発は困難だった。

今回、同研究グループは、エレクトロクロミック特性を持つポリマー(有機/金属ハイブリッドポリマー)を使用して、ハサミなどで好きな形に切ることができるディスプレイを開発した。このポリマーは、スプレーでコートすることでフレキシブル基板上にきれいに製膜することが可能で、湿気や酸素に対する高い安定性を実現している。

表示を変えるには電気を数秒流すだけでよく、電源を切っても表示が保持される。そのため、電源ユニットを取り外して使用することが可能で、好きな形に切り取った後でも表示を変えられる新しいシート状ディスプレイの開発に成功した。

今後はディスプレイの大面積化と多色化を目指す方針で、乗り物や建物の窓や外装・内装、傘やサングラスなど、さまざまなものの色を自由に変えたり、必要に応じて文字や記号を表示したりできるディスプレイを提案していく予定だ。

あわせて読みたい

MdN Design Interactiveの記事をもっと見る 2016年7月14日のIT記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

ITニュースアクセスランキング

ITランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

最新IT業界情報やiPhoneやAndroidやガジェット、話題のサービス、IoT情報、スタートアップにまつわるニュースをお届け中。