稲垣吾郎、13年ぶり長編アニメーション映画声優抜てきに期待の声<海獣の子供>

稲垣吾郎、13年ぶり長編アニメーション映画声優抜てきに期待の声<海獣の子供>
(上段左から)富司純子、稲垣吾郎、蒼井優、渡辺徹(C)2019 五十嵐大介・小学館/「海獣の子供」製作委員会
【稲垣吾郎/モデルプレス=3月14日】俳優の稲垣吾郎と女優の蒼井優が、映画『海獣の子供』(6月7日公開)に声優として出演する。ネットでは反響が寄せられている。

自然世界への畏敬を独自の漫画表現で、読者を魅了し続ける漫画家・五十嵐大介氏の「海獣の子供」を、映画『鉄コン筋クリート』で第31回日本アカデミー賞最優秀アニメーション作品賞を受賞し、そのハイエッジな映像表現で確固たるブランドを築いてきたSTUDIO4℃が映像化する今作。芦田愛菜、石橋陽彩、窪塚愛流ら期待の若手キャストの出演が決定している。

◆稲垣吾郎&蒼井優ら、追加声優発表

このほど、追加声優キャストとして主人公「琉花」の父親で水族館に勤務する安海正明役に稲垣、娘とも夫とも関係がうまくいかない琉花の母親・安海加奈子役に蒼井が決定。

さらに渡辺徹は、琉花が所属するハンドボール部の先生役、富司純子は、世界中を航海しながらジュゴンに育てられた兄弟「海」と「空」を見守る不思議な人物・デデ役に起用された。

◆稲垣吾郎「海獣の子供」への思い語る

2006年公開の『ONE PIECE THE MOVIE カラクリ城のメカ巨兵』以来の長編アニメーション映画への出演となる稲垣は、「この映画は、誰にとってもわかりやすい、単純明快なエンターテインメント作品というわけではありません。大人が観ても考えさせられるような深遠さがあり、子どもが観たら理屈を超えたところで、感じるものがちゃんとある作品になっています」と今作を紹介。...続きを読む

あわせて読みたい

モデルプレスの記事をもっと見る 2019年3月14日の映画記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

映画ニュースアクセスランキング

映画ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内映画、海外映画、ハリウッド俳優や女優情報をお届け中。撮影秘話や裏話などのニュースも充実。