乃木坂46高山一実、メンバーの卒業は「想像もしていなかった」齋藤飛鳥らグループの変化明かす<いつのまにか、ここにいる Documentary of 乃木坂46>

乃木坂46高山一実、メンバーの卒業は「想像もしていなかった」齋藤飛鳥らグループの変化明かす<いつのまにか、ここにいる Documentary of 乃木坂46>
高山一実 (C)モデルプレス
【高山一実・齋藤飛鳥/モデルプレス=6月25日】25日、都内で行われた乃木坂46のドキュメンタリー映画第2弾「いつのまにか、ここにいる Documentary of 乃木坂46」(7月5日公開)の完成披露上映会に、秋元真夏、齋藤飛鳥、高山一実、梅澤美波、与田祐希、メガホンをとった岩下力監督が登壇した。

◆高山一実ら「想像もしていなかった」4年前を振り返る

前作のドキュメンタリー映画「悲しみの忘れ方 Documentary of 乃木坂46」(2015年)公開から4年。1期生は前作にも出演していたことから、4年間での変化を聞かれると秋元は「メンバーとの関係が密になったなと感じますし、後輩もたくさん増えて、グループの層の厚さが増したり、後輩との関係性もできたので、今回はそのあたりが描かれていると思います」と回答。

高山は、前作を振り返り「当時は一緒に活動しているメンバーが卒業してしまうなんて想像もしていなかったですね」としみじみ語り、齋藤は「前作は個人のことに踏み込んでいた印象だったのですが、今回はグループの良さや、みんなでいることの良さが全面に出ていたと思うので、同じグループのドキュメンタリーなのに違いが出るんだなと思いました」と明かした。

現在のグループの関係について「何しても許してもらえる安心感もあるし、全部が好きと思うようになりました」という高山。齋藤は、高山や秋元から「本当のこと言っていいんだよ?」といじられつつも、「私もちゃんとメンバーのことが好きだなと思いました」と笑顔を見せた。

あわせて読みたい

モデルプレスの記事をもっと見る 2019年6月25日の映画記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

映画ニュースアクセスランキング

映画ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内映画、海外映画、ハリウッド俳優や女優情報をお届け中。撮影秘話や裏話などのニュースも充実。