松坂桃李「事務所と戦い終わりました」“お許し”出たことを報告<蜜蜂と遠雷>

松坂桃李「事務所と戦い終わりました」“お許し”出たことを報告<蜜蜂と遠雷>
松坂桃李 (C)モデルプレス
【モデルプレス=2019/09/16】俳優の松坂桃李が16日、都内で行われた映画「蜜蜂と遠雷」(10月4日公開)の完成披露イベントに、松岡茉優、森崎ウィン、鈴鹿央士、メガホンをとった石川慶監督と登壇した。

4人のピアニストたちがそれぞれの葛藤と戦いながらコンクールに挑む姿が描かれている本作にちなみ、今、自身が戦っていることやものを尋ねられた登壇者。松坂は「事務所と戦い終わりました」と意味深コメントをし、松岡から「大丈夫ですか?」と心配されると、「このお仕事をさせていただいて、ありがたいことで10年が経ち、アウトプットする連続の10年でして、そこからなかなかひと息つく暇がなかったので、それを事務所サイドとお話をしました。どうにかできんもんでござろうかと」と詳細を説明した。

これに松岡が「休みがほしいと」と一言でまとめると、松坂は「そうですね。ちょっと休みたいかなって話をした結果、ようやくお許しが出ました」と報告。これに会場から拍手が上がり、松岡も「おめでとうございます!アフリカでもブラジルでも行ってらっしゃい」と祝福した。

◆映画「蜜蜂と遠雷」

「映像化は不可能」と言われた恩田文学の集大成である本作は、国際ピアノコンクールを舞台に、世界を目指す若き4人のピアニストたちの挑戦、才能、運命、そして成長を描いた物語。かつて国内外のジュニアコンクールを制覇するも、13歳のときに母を亡くし、「ピアニスト」になることから長らく逃げてきた元天才少女・栄伝亜夜を松岡、社会人となり妻子を持ちながらも夢を諦めきれず、最後のチャンスと決意してコンクールにエントリーした高島明石を松坂、音楽エリートとして超名門音楽院に在籍し、優勝候補最有力の重圧に挑むマサルを森崎、そして、今は亡き世界最高のピアニストが遺した謎の少年・風間塵を鈴鹿が演じる。

あわせて読みたい

モデルプレスの記事をもっと見る 2019年9月16日の映画記事
「松坂桃李「事務所と戦い終わりました」“お許し”出たことを報告<蜜蜂と遠雷>」の みんなの反応 3
  • 匿名さん 通報

    ドイツで鉤十字を振り回せば即逮捕だが馬鹿ウヨは旭日旗を「問題ない」と言い張る。国際的に日本に恥をかかせ、軽蔑を買う馬鹿ウヨども。

    1
  • 匿名さん 通報

    千葉ではブルーシートもミルクも足りていない。阿呆の安倍晋三と馬鹿千葉県知事は自衛隊員をごく少人数しか派遣してくれていない(現地の人の話)

    1
  • 匿名さん 通報

    大丈夫かな、戻って来れるよね?「新聞記者」に出たからホサれるんじゃないよね? ねっ?

    1
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

映画ニュースアクセスランキング

映画ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内映画、海外映画、ハリウッド俳優や女優情報をお届け中。撮影秘話や裏話などのニュースも充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら