【モデルプレス=2024/02/13】俳優の佐野勇斗が主演、女優の吉川愛がヒロインを演じるAmazon Originalドラマ『僕の愛しい妖怪ガールフレンド』が3月22日よりPrime Videoにて世界独占配信されることが決定した。

◆佐野勇斗&吉川愛「僕の愛しい妖怪ガールフレンド」

本作は、日本独自の文化である“妖怪”と“オタク”カルチャーを、オリジナル脚本で描いた連続ドラマ。
物語は、恋人が欲しくて仕方ないゲームオタクの大学生・ハチと、500年越しの復讐の使命を背負った美しい妖怪の女の子・イジーが出会い、なし崩し的に「男女の契り」を交わしたことから始まる。

男性と肉体的な関係を持つことでしか生き延びるためのエネルギーを得られない妖怪のイジーと、彼女に強く迫られ関係を持ってしまった主人公・ハチ。ある人間一族への復讐を果たすために殺人も厭わないイジーに対して、ハチはなんとか穏便に問題を解決しようと奮闘する。そんな2人の奇妙な関係と復讐劇に周囲の人々が巻き込まれていく、バトルアクションあり、ミステリーありの、ユニークな妖怪ラブコメディ。

◆主演は佐野勇斗 吉川愛と初共演で“妖怪ラブコメディ”

本作の監督を務めるのは、『今夜、世界からこの恋が消えても』(22年)、『ホットロード』(14年)など数々の漫画・小説原作の実写化を手掛けた青春・恋愛作品の名匠・三木孝浩。主人公のオタク大学生、犬飼忠士(通称:ハチ)役には、日経トレンディが選ぶ「2024年 来年の顔」にも選出された佐野が決定。
『TOKYO MER~走る緊急救命室~』(21年)、『ドラゴン桜』(21年)、『真犯人フラグ』(21年)、『トリリオンゲーム』(23年)ほか、「第28回 日本映画批評家大賞」新人男優賞を受賞した映画『ちはやふる-結び-』(18年)など、話題のドラマ・映画に多数出演し、歌手としても幅広い活躍を見せる佐野は、デビュー作である映画『くちびるに歌を』(15年)以来、9年ぶりの三木監督作品への出演となる。

また、ハチが恋する美しい妖怪の女の子・イジー役に、映画『ハニーレモンソーダ』(21年)で「第45回日本アカデミー賞」新人俳優賞を受賞し、NHK大河ドラマ『いだてん~東京オリムピック噺~』(19年)、NHK連続テレビ小説『おちょやん』(20年)、月9ドラマ『真夏のシンデレラ』(23年)、ドラマ『マルス-ゼロの革命-』(24年)など出演作ごとに異なる魅力と圧倒的な存在感を見せる吉川が決定。人気・実力ともに若手最高峰の2人が、本作で初共演する。

解禁となったキービジュアルでは、幻想的な世界観の中に不安そうな表情を浮かべるハチと、美しく妖艶なイジーが映し出されている。また、ハチと、刀を手に凛々しい眼差しを向けるイジーのキャラクタービジュアルも同時解禁となった。(modelpress編集部)

◆主演:犬飼忠士(通称:ハチ)役/佐野勇斗コメント

犬飼忠士役を演じることになりました、佐野勇斗です。
芸能界に入ってからいつか世界を見てみたいと、心のどこかで思っていました。そして決まった初めての世界配信ドラマが、Prime Videoの世界独占配信作品。

僕がまさか主演をさせていただけるということに驚きつつも、とても光栄に思います。物語の題材が、妖怪と恋?!と思われる方もいらっしゃるはずです。まさに僕もこのお話をいただいた時に思いました…(笑)。ジャンルは、ラブ×アクション×コメディ×ホラーという感じで、贅沢に全てが詰め込まれています!ぜひ、皆さん配信を楽しみにしていてください!

◆ヒロイン:イジー役/吉川愛コメント

以前から色々な役に挑戦することを目標にしてきましたが、今回初めての「妖怪役」と聞いた時は、とても驚きました。
妖怪と聞くと少し怖いイメージもありますが、私自身も大好きなラブコメ要素も入っていて、時にはキュンとしたり、ウルっときたり、色々な感情になりながら飽きずに楽しめる作品になっていると思います。

古風な言葉遣いの一風変わった妖怪の女の子・イジーを演じるうえで、カッコいいバトルシーンにもチャレンジしているので、ぜひ配信を楽しみにしていてください!

◆監督:三木孝浩コメント

アメリカ人脚本家による完全オリジナル作品で、しかも内容は日本を舞台にしたオタク少年と妖怪の女の子とのファンタジーラブストーリー!?!?そんなワクワクする要素しかないドラマ企画の監督依頼をいただいたのが約2年前。誰も見たことのない、でも誰もが楽しめるドラマを作る!その信念を胸に挑んだ制作過程は、まるで前人未到の山を登るような困難や戸惑いの連続でしたが、素晴らしいキャストやクリエイターが集結して大変さよりも圧倒的に楽しさが勝る現場でもありました。ハードなアクションあり、コメディありのこのぶっ飛んだハチとイジーのジェットコースターのような恋の物語を、ぜひ心躍らせ胸焦がしながら見ていただけたら嬉しいです!

◆制作総指揮・企画・オリジナル脚本:ヤルン・トゥ、ザック・ハインズコメント

このシリーズは、私たち2人にとって夢のような作品です。面白くて、奇妙で、ほのぼのとしていて、時には怖い関係の物語を描きたかった。アクション、コメディ、ロマンス、三木監督の巧みな素晴らしい演出、ハヤトとアイの演技が大好きです。
皆様に感謝しています。

◆Amazon MGMスタジオ ローカルオリジナル バイスプレジデント ジェームズ・ファレルコメント

ヤルン・トゥ氏&ザック・ハインズ氏が10年近くあたためてきた構想を、三木孝浩監督のもと、日米のクリエイター陣や素晴らしい豪華キャストでドラマ化することができました。日本の“妖怪”や“オタク”という独自のカルチャーが、京都を中心とした美しいロケーションを舞台にユニークな世界観で描かれています。世界中のお客様に本作をお届けできることを大変喜ばしく思います。

【Not Sponsored 記事】