【モデルプレス=2024/02/13】松井愛莉加藤史帆(日向坂46)、小笠原海(超特急)、堀家一希、池田鉄洋の5人が主演を務めるテレビ東京系ドラマ25「これから配信はじめます」(略して「配はじ」/毎週金曜深夜24時52分~)が3月8日より放送されることが決定した。

◆松井愛莉・加藤史帆ら主演キャスト5人発表

本作は、“ライブ配信”を題材に、配信に集うライバーとリスナーを双方向から描いたオリジナルドラマ。
現代に足りていないフレンドリーなつながりを描きながら、受け身の自分から積極的に行動する自分へ、一歩進もうと思えるドラマとなっている。

第1話の主演・桂木美緒(かつらぎみお)を演じるのは、ドラマ「社内マリッジハニー」(MBS)、「ブルーバースデー」(関西テレビ)、映画「癒しのこころみ~自分を好きになる方法~」の主演など女優・モデルとして幅広く活躍し、3月1日に初回放送を予定しているWOWOW連続ドラマW30「白暮のクロニクル」に出演が決まっている松井。多彩な演技を魅せる松井が、ある秘密を抱える女性を繊細に演じる。

第2話の主演・大人気ライバーのかすみを演じるのは、地上波のドラマ初主演となる、加藤。所属グループ日向坂46のアイドル活動に加え、情報番組やバラエティーでもマルチに活躍。そんな、老若男女問わず人気を博している加藤が、2つのキャラクターを演じ分ける難役に挑戦する。


さらに、第3話では、若手男性アーティスト集団EBiDANのメンバーで、音楽ユニット超特急のメンバーでもある小笠原と第37回高崎映画祭で“最優秀新進俳優賞”を受賞した新進気鋭の若手俳優・堀家がダブル主演を務める。「アンナチュラル」(TBS)などの話題作にも出演し、好演が話題の小笠原。今作では、普段はアパレル会社に務めるサラリーマンだが、ライブ配信ではメイク系ライバーとして人気のキラ(本名:木之本光/きのもとひかる)役に挑戦。配信ではメイクも披露する。

映画「東京リベンジャーズ」シリーズや「君と世界が終わる日に」(日本テレビ)に出演し、存在感をみせた堀家が演じるのは、推しであるキラの配信を見ることにハマっているリスナー・水戸匠(みとたくみ)。キラの配信存続のために、仕事に邁進するサラリーマンを演じる。


そして、第4話の主演は、美緒の父親・桂木祐介(かつらぎゆうすけ)を演じる池田。脚本家としても活動し、「赤いナースコール」(テレ東)やNHK連続テレビ小説「らんまん」などドラマや映画、舞台など数多くの作品に出演。様々な役を演じてきた池田が、本作では、無口で厳格な父親を演じる。ライブ配信をきっかけに、不器用ながらも優しく娘と向きあっていく姿が描かれる。(modelpress編集部)

◆桂木美緒役…松井愛莉

市役所で働く社会人1年目。本当の気持ちをなかなか言い出せない女性。


<コメント>

― 本作の出演オファーを受けた時の感想をお聞かせください。

素直に嬉しかったです。私が演じる美緒は誰にも言えない悩みを抱えています。言えたらどれだけ楽か。私も昔から思っている事を伝えるのがとても苦手で殻にこもっていた時期がありました。そんな悩んでいる方たちに寄り添えるドラマにしたいと思いました。


― 演じられる役どころについての印象などお聞かせください。

小さい頃からの違和感や色んな葛藤、そして言えないもどかしさ、そんな想いを必死に隠して抑えて生きて来た苦悩をひとつも落とさないよう、繊細な感情を大事に演じようと思いました。

― 視聴者のみなさんへみどころなどメッセージをお願いいたします。

みんな何かしら悩みを抱えて生きていると思います。見てくれた方、そして悩んでいる方の肩の荷がおりて、これでいいんだ!と少しでもそのままの自分を愛せる、そっと寄り添える、そんなドラマになればと思っております!

◆かすみ役…加藤史帆

大人気脱力系ライバー。ある過去を抱えていて…。


<コメント>

― 本作の出演オファーを受けた時の感想をお聞かせください。

お芝居に挑戦したいという気持ちが強かったので率直に嬉しかったです。最初マネージャーさんから伝えられた時ドッキリかな?と思うくらい驚きました。精一杯演じさせていただきたいと思います。

― 演じられる役どころについての印象などお聞かせください。

脱力系ライバーのかすみ役を演じさせていただきます。
私自身脱力系と言われることがあるので、似ている部分があるかなと思います!かすみの過去にも注目していただきたいので楽しみにしていてください。

― 視聴者のみなさんへみどころなどメッセージをお願いいたします。

ライブ配信アプリから繰り広げられる物語で、きっと視聴者の皆さんが共感できるような、心に寄り添えるような部分もあると思います。是非、全4話楽しみにしていてください!よろしくお願いします。

◆キラ/木之本光役…小笠原海

メイク系ライバー。普段はアパレル会社に務めるごく普通のサラリーマン。

<コメント>

― 本作の出演オファーを受けた時の感想をお聞かせください。

最初にお話を聞いた時に何か新しい一歩を踏み出す、そんな背中を押すような作品だと思いました。出演できる事を光栄に感じています。この作品を観てくださった方に自分らしさとは何かを少しでも考えていただけるきっかけになれば嬉しいです。

― 演じられる役どころについての印象などお聞かせください。

本を読んだときに光という役はひとりだと自信がない印象をうけました。ただ、人とのつながりをへて自分らしさを再発見し一歩踏み出すことの出来る芯の強い人物で凄く共感することが多いと感じました。

― 視聴者のみなさんへみどころなどメッセージをお願いいたします。

光と一緒に自分らしい姿と出会える、そんな作品になるよう演じられればと思いますので皆様楽しみに待っていただけると嬉しいです。

◆水戸匠役…堀家一希

アパレル会社のプレス担当。最近は推しであるキラのライブ配信にハマっている。

<コメント>

― 本作の出演オファーを受けた時の感想をお聞かせください。

率直に嬉しかったです。僕自身“推し”がいる訳ではないですが、今回の役と一緒に“推し”のいる生活を楽しんでいけたらと思います。

― 演じられる役どころについての印象などお聞かせください。

良い意味で人間らしい役だなぁと思います。自分の中の優先順位も明確で、面倒くさいのは面倒くさい、と自分に正直なところも好感が持てます。

― 視聴者のみなさんへみどころなどメッセージをお願いいたします。

初めまして、堀家一希です。本作は、生配信、推しなど、最近っぽさもありつつ、人の成長も描かれた人間ドラマです。
是非、僕の演じる匠がどう成長していくのかも楽しんでくれると嬉しいです。お楽しみに!

◆桂木祐介役…池田鉄洋

美緒の父。いつも娘のことを優しく見守る。

<コメント>

― 本作の出演オファーを受けた時の感想をお聞かせください。

人と人とのつながりの大切さを感じられる、ハートウォーミングなストーリーなので、オファーをいただけて、とても嬉しく、ワクワクしました。

― 演じられる役どころについての印象などお聞かせください。

娘の為に奔走する健気な父親ですね。かなりムリめなピンチも訪れますが、ライブ配信が彼を助けてくれて…と、これ以上は話せません!

― 視聴者のみなさんへみどころなどメッセージをお願いいたします。

人気配信者のように愛される父親になれたら嬉しいので、ライブ配信アプリのPocochaを見ながら役作りします。楽しんでいただけましたら幸いです。

◆番組プロデューサー・正井彩夏(テレビ東京 配信ビジネス局)コメント

誰でも配信したり配信をみたり、当たり前にリアルとデジタルが融合する今の日常を、5人の主人公とともにあたたかく描いたドラマです。全4話のオムニバスストーリーではありますが、1話~4話、どこかで少しずつ繋がっています。

どのキャラクターもそれぞれのカタチでライブ配信と向き合っていて、全員、愛おしいです。自分に近い誰かに自分を投影して見ていただくでも、応援したくなる誰かに寄り添って見ていただくでも、様々な楽しみ方や刺激を提供できたらと思います。

金曜深夜に、ホッと、ウルっと、あたたかい時間をお届けできたら幸いです。ぜひご覧ください!

◆番組プロデューサー・佐々木梢(PROTX)コメント

ライブ配信をきっかけに人々が触れ合い、成長する物語。誰でもライブ配信をしたり、観たりする世の中なので、今にピッタリな企画だと思いました。1話を観て理解できなかったシーンが、4話を観ると答えが分かる、そんな仕掛けをストーリーに散りばめています。今回はオムニバスストーリーのため、下さんと我人さんの脚本家お2人にはそれぞれの色を前面に出していただきました。そして、それを熊坂監督が演出する。面白くないわけがないです!

金曜の夜に、心温まる5人の物語をぜひお楽しみください。

◆第1話あらすじ(主演:松井愛莉)
「言いたいことが言える魔法が欲しい」

思いを口にするのが苦手な役所職員の桂木美緒(松井愛莉)は友人の岩田千春(梶原ひかり)に秘めた想いを抱いていた。千春からあるライブ配信アプリを教えてもらった美緒は、脱力系ライバーかすみ(加藤史帆)のライブ配信を覗き、好きな事を好きなように話している空間に戸惑いを覚えつつも羨ましさを感じ始める。そんなある日、美緒は自分の気持ちをうまく伝える事ができず千春と喧嘩をしてしまう。自分の本心から逃げ続けていた美緒は、意を決して自らライブ配信をしてみることに…。

◆第2話あらすじ(主演:加藤史帆)
「なりたい自分に、なれる魔法を」

お嬢様系ライバーとして活動しているかすみ(加藤史帆)は、実はネタ切れ気味の貧乏ライバー。満たされない日々を過ごすかすみはアルバイトとライブ配信で生計を立て、現実とは異なる自分のなりたい姿でチヤホヤされる配信空間に居心地の良さを感じていた。そんなある日、メイク系ライバーのキラ(小笠原海)との偶然の出会いにより、ハリボテの生活が明かされてしまう大ピンチに陥る…?

◆第3話あらすじ(主演:小笠原海・堀家一希)
「配信を続けてもらうために、俺はなんでもする!」

アパレル企業に勤めている水戸匠(堀家一希)の日課は、推しのライバー・キラ(小笠原海)の配信をみること。ある日、他部署から異動してきた先輩・光と新たなプロジェクトを進める事になった匠は、おどおどして冴えない光にイラついていた。しかし、キラと光は同一人物という衝撃の事実に気づく。その日の夜、匠はキラがライブ配信で「仕事がうまくいっていなくて配信を休もうと考えている」と発言したのを聞いてしまう。果たして匠は「キラの配信の継続」と「新規プロジェクト」の2つを成功させることができるのか?

◆第4話あらすじ(主演:池田鉄洋) 
「魔法は使えない、時間も戻せない、でも奇跡はあるんだ!」

桂木美緒(松井愛莉)の父、桂木祐介(池田鉄洋)は焦っていた。美緒が友人・千春(梶原ひかり)に渡そうとしていたパンダの人形をなくしてしまったのである。藁にもすがる思いで『仮面オジサン』としてライブ配信を始める祐介。配信を続ける事で、次第に視聴者も増えてきた。そして別のライバーの所へも「人形を探している人がいる」とコメントが届き、思いやりが次々と伝播していく。ついに人形に関するコメントが祐介に届くが、その一方で、タイムリミットも迫っていた。窮地に立たされた祐介に起きた奇跡とは?

【Not Sponsored 記事】