アリアナ・グランデが「FOREVER 21」を提訴 商標権侵害で

記事まとめ

  • アリアナ・グランデが、「FOREVER 21」に対し、損害賠償を求めている。
  • 同社はプロモーションで、アリアナに関連する商標を無許可で使用するなどした。
  • アリアナ側は削除するよう求めたが、同社は拒否したという。

アリアナ・グランデ「FOREVER 21」を提訴 商標権侵害訴え10億円の損害賠償求める

アリアナ・グランデ「FOREVER 21」を提訴 商標権侵害訴え10億円の損害賠償求める
アリアナ・グランデ(Photo by Getty Images)
【モデルプレス=2019/09/04】米歌手のアリアナ・グランデが、アメリカ・ロサンゼルス発のグローバルファッションブランド「FOREVER 21(フォーエバー21)」に対し、商標権の侵害を行ったとして、1000万ドル(約10億円)の損害賠償を求めていることがわかった。

◆アリアナ・グランデ、FOREVER 21に損害賠償を求める

2日にカリフォルニアの連邦裁判所に提出された訴状によると、同社は2018年の年末から2019年初めにかけてアリアナとのコラボを打診したが、これをアリアナは「自身の影響力に見合った契約料ではなかった」として辞退。

しかし、同社は、契約締結に至らなかったにも関わらず、同社や、同社が運営するコスメブランド「Riley Rose(ライリー・ローズ)」のプロモーションにアリアナの楽曲「7 Rings」の歌詞の一部やMVのイメージなど、合計30以上の商標を無許可で使用したほか、同曲で使用されている衣装に酷似した商品を販売。

さらには、アリアナに外見が似ているモデルをプロモーションに起用し、アリアナが同社のプロモーションに関わっているように見えるような展開も行っていた。

アリアナは、同社による一連の広告展開が誤解を招き、さらに商標権の侵害にあたるとして、1000万ドル(約10億500万円)の損害賠償を求めた。また、訴状と共に、盗用されたという自身の楽曲イメージと、同社がプロモーションに使用したイメージや商品を比較する写真も提出した。アリアナ側はこれらのプロモーションや商品販売に対し削除するよう求めたが、同社は拒否したという。

なお、同社は8月29日、ネット通販の台頭による購買率の低下などにより経営状態が悪化、破産法の適用申請に向けての準備を進めていると報じられたばかりだった。(modelpress編集部)

【Not Sponsored 記事】

あわせて読みたい

気になるキーワード

モデルプレスの記事をもっと見る 2019年9月4日の海外セレブ記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「ジャスティン・ビーバー」のニュース

次に読みたい関連記事「ジャスティン・ビーバー」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「ブリトニー・スピアーズ」のニュース

次に読みたい関連記事「ブリトニー・スピアーズ」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「テイラー・スイフト」のニュース

次に読みたい関連記事「テイラー・スイフト」のニュースをもっと見る

トピックス

> 今日の主要ニュース > 国内の主要ニュース > 海外の主要ニュース > 芸能の主要ニュース > スポーツの主要ニュース > トレンドの主要ニュース > おもしろの主要ニュース > コラムの主要ニュース > インタビューの主要ニュース

海外セレブニュースアクセスランキング

海外セレブランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

ハリウッド俳優や注目のモデルや、海外のゴシップ情報、噂話をお届け中。