乃木坂46が小室哲哉と初タッグ 「Route 246」センターは齋藤飛鳥

記事まとめ

  • 乃木坂46新曲「Route 246」を小室哲哉が手掛ける。
  • 小室と乃木坂46がタッグを組むのは初めて。
  • センターは齋藤飛鳥が務める。

乃木坂46、小室哲哉氏と初タッグ 新曲「Route 246」センターは齋藤飛鳥

乃木坂46、小室哲哉氏と初タッグ 新曲「Route 246」センターは齋藤飛鳥
乃木坂46/写真は「Route 246」MV収録時(提供写真)
【モデルプレス=2020/07/16】乃木坂46が7月24日午前0時より配信限定シングルとしてリリースする新曲『Route 246』の作詞を秋元康氏、作曲・編曲を小室哲哉氏が手掛けることが決定。小室氏と乃木坂46が初タッグを組むことになった。

秋元氏と小室氏の両者が共作した最後の作品は、2010年11月に発売された、やしきたかじん「その時の空」以来約10年振りとなり、また秋元氏が総合プロデュースするAKB48グループ・坂道グループのアイドルグループでの共作では初となる。

秋元氏からの依頼で今回作曲・編曲を担当した小室氏は「多いなる友情と才能を持った秋元康さん、同じく近しい知人に一年間背中を押され、今回悩みに悩んで作曲・編曲を手掛けさせていただきました」と明かした。

小室氏の楽曲提供は、2018年4月に発売されたラストアイドル「風よ吹け!」の作詞・作曲・プロデュースを手掛け、その後第一線から退き、2年3ヶ月振りとなる公での楽曲提供となった。

◆齋藤飛鳥がセンター

国道246を彷彿とさせるタイトル名の読み方は「ルート・ツー・フォーティシックス」。

センターは齋藤飛鳥が務める。もともと小室氏のファンだったという齋藤は「小室さんが乃木坂46のために曲を作ってくださった事が何よりも嬉しく、また楽曲も『小室さん感』が溢れていて、個人的に本当に嬉しかったです」と喜び、「この楽曲の曲調と乃木坂46の組み合わせで、どう化学反応が起こるか楽しみです!」と期待を寄せた。

あわせて読みたい

モデルプレスの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

「乃木坂46 + メンバー」のおすすめ記事

「乃木坂46 + メンバー」のおすすめ記事をもっと見る

「乃木坂46 + ライブ」のおすすめ記事

「乃木坂46 + ライブ」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「欅坂46」のニュース

次に読みたい関連記事「欅坂46」のニュースをもっと見る

音楽ニュースアクセスランキング

音楽ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年7月16日の音楽記事

キーワード一覧

  1. 乃木坂46 メンバー
  2. 乃木坂46 ライブ

このカテゴリーについて

話題のアーティストのライブ情報や最新音楽情報などをお届け。人気アイドルグループや注目アーティストのインタビューなども充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。