【モデルプレス=2024/06/14】Mrs. GREEN APPLEが14日、テレビ朝日系『ミュージックステーション』2時間SP生放送(よる8時~)に生出演。感謝を伝える場面があった。


◆Mrs. GREEN APPLE「Mステ」出演

12日付にYouTubeで公開した新曲「コロンブス」のMVをめぐりSNS上で問題視する声が上がる中での出演となったMrs. GREEN APPLE。当初新曲の「コロンブス」と「Dear」を披露する予定だと発表されていたが、「コロンブス」に変わり「青と夏」を歌唱することになった。

歌唱前のトークコーナーでは、「緊張してますね。久々のMステなので、ちょっと緊張してます」と緊張を見せていた大森。俳優の大泉洋が主演する映画の主題歌を歌唱する前に藤澤涼架は「映画の主演を務めている大泉洋さんが僕たちのライブを見に来てくださるそうなんです」と語っていた。

その後は、「Mステ」で6年ぶり披露となる「青と夏」をパフォーマンス。
演奏後には、3人でお辞儀をし、タモリから感想を聞かれると大森は「歌を歌える環境に感謝です。ありがとうございました」と伝えた。

◆Mrs. GREEN APPLE、MV公開停止

Mrs. GREEN APPLEは、12日付にYouTubeで公開した新曲「コロンブス」のMVをめぐり「差別的な内容が含まれている」とSNS上で問題視する声が上がり、物議に。MVでは“もしも生きた時代の異なる偉人たちが一緒に旅をしたら?”という想像の物語で、類人猿たちとホームパーティーを楽しむという設定の中、類人猿を教育したり馬車を引かせたりする描写も。13日、Mrs. GREEN APPLEの所属レーベル・EMI Recordsと所属事務所・Project-MGAが共同で制作したというミュージックビデオについて「歴史や文化的な背景への理解に欠ける表現が含まれていたため、公開を停止することといたしました」と停止することを報告した。(modelpress編集部)

情報:テレビ朝日

【Not Sponsored 記事】