【モデルプレス=2024/06/22】テレビ朝日の開局65周年を記念したグローバルミュージックフェスティバル 『The Performance(ザ・パフォーマンス)』が22日、テレビ朝日系にてよる11時より放送される。放送に先立ち、セットリストが初公開された。


◆「The Performance」地上波放送前にセットリスト初公開

4月12日~14日の3日間、Kアリーナ横浜にて開催された『The Performance』は、4月12日・13日はMrs. GREEN APPLE(ミセスグリーンアップル)とNiziU(ニジュー)が出演し、14日にはEVNNE(イブン)、KEY(キー/SHINee)、THE JET BOY BANGERZ(ザジェットボーイバンガーズ)、Da-iCE(ダイス)、TWS(トゥアス)、FANTASTICS(ファンタスティックス)、THE BOYZ(ドボイズ)、RIIZE(ライズ)(50音順)といったアーティストが登場。地上波放送に先立ち、セットリストが初公開された。

地上波放送では、4月12日・13日の公演から、Mrs. GREEN APPLEとNiziUによる初の対バンライブをフィーチャー。Mrs. GREEN APPLEは、4月にリリースされて自身最速でストリーミング累計1億回再生を突破した新曲「ライラック」、NiziUとコラボダンスを繰り広げた「ダンスホール」、NiziUのRIKU、MIIHI、NINAが参加した「点描の唄」を披露する。また、NiziUの楽曲「HEARTRIS」にはMrs. GREEN APPLEの大森元貴が参加し、息の合った“テトリスダンス”を見せる。さらに、「SWEET NONFICTION」といった中毒性の高いサウンドも放送される。


14日の公演では、日韓を代表するアーティスト8組が集結し、豪華セットリストでその興奮をそのまま放送する。世界を席巻するボーイズグループ・RIIZEとMrs. GREEN APPLEの若井滉斗とのコラボが実現したRIIZEのデビュー曲「Get A Guitar」や、SEVENTEEN(セブンティーン)の弟分としてデビューしたTWSの「plot twist」、10人組ダンス&ボーカルグループ・THE JET BOY BANGERZの「PHOTOGENIC」、K-POPの新星EVNNEのデビュー曲「TROUBLE」などが披露される。FANTASTICSと韓国のグループEPEX(イーペックス)のコラボ曲「Peppermint Yum」の日本語バージョンや、Da-iCEの「スターマイン」、THE BOYZの新曲「Nectar」、SHINeeのKEYの「Good & Great」など、各アーティストの個性が溢れるハイレベルなパフォーマンスが放送される。

さらに、CS(CSテレ朝チャンネル1)では、地上波放送に収まらなかった楽曲を含む『The Performance』の完全版を7月14日(日)正午より独占放送。各出演アーティストの貴重な独占インタビューも届ける。

◆「The Performance」地上波放送セットリスト (※公演出演順)

NiziU×Mrs. GREEN APPLE「HEARTRIS」
NiziU「SWEET NONFICTION」
Mrs. GREEN APPLE「ライラック」
Mrs. GREEN APPLE×NiziU「ダンスホール」
Mrs. GREEN APPLE×NiziU「点描の唄」
TWS「plot twist」
THE JET BOY BANGERZ「PHOTOGENIC」
EVNNE「TROUBLE」
FANTASTICS「Peppermint Yum」
Da-iCE「スターマイン」
RIIZE×若井滉斗(Mrs. GREEN APPLE)「Get A Guitar」
THE BOYZ「Nectar」
KEY(SHINee)「Good & Great」

◆島崎信長がナレーション担当

『The Performance』の放送をさらに盛り上げるために、ナレーションは声優の島崎信長( ※「崎」は正式には「たつさき」)が担当する。
島崎は『劇場版ブルーロック -EPISODE 凪-』で主人公・凪誠士郎役を演じ、10月から放送される『ブルーロック』TVシリーズ第2期にも出演が決定している。さらに、島崎が千早瞬平役を務めるTVアニメ『忘却バッテリー』では、Mrs. GREEN APPLEが楽曲「ライラック」でオープニング曲を担当している。この縁があることで、アーティストたちのパフォーマンスと島﨑のナレーションのコラボレーションに期待が高まる。(modelpress編集部)

◆島崎信長コメント

― 収録を終えられた感想を教えてください。今回ナレーションを務められたことについても、ご感想お願いいたします。

そうそうたるアーティストの方々の、素晴らしいイベントのナレーションを、まさか『ブルーロック』のご縁で担当させていただけるとは、青天の霹靂でした。
最初、私が『ブルーロック』で担当しているキャラクター“凪誠士郎”の雰囲気も感じさせて欲しいということでしたが、やはり“凪誠士郎”は、きちんとしたナレーションに向いていない男でして、結果的に、心だけ持って、精一杯ナレーションをさせていただく形に落ち着きました。とても楽しかったです。

― アーティストのパフォーマンスで、印象に残った曲を教えてください。ご覧になって、その曲にはどのような思いが込められていると感じましたか?

Mrs. GREEN APPLEさんの「ライラック」は、私が出演させていただいているTVアニメ『忘却バッテリー』のオープニング・テーマですので、すごく思い出深く、嬉しいです。同時に、この『The Performance』で、Mrs. GREEN APPLEさんとスペシャルコラボがあったNiziUさんですが、声優界の大先輩である、野沢雅子さんが、歌って踊ってみた動画を投稿していたことを思い出します。

― 番組で特に注目して視聴者に見てほしいポイントや見どころは何ですか?番組を楽しみにしている視聴者へのメッセージがあればお願いいたします。


『The Performance』の名の通り、アーティストの皆様のパフォーマンスが素晴らしいので、僕は、この素晴らしいパフォーマンスを邪魔しないように、とはいえ、ナレーターなので、少しでもみなさんに、より楽しんでもらえる一助となれるように、精一杯取り組みましたので、よろしければぜひご覧いただければ幸いです。

【Not Sponsored 記事】