沢尻エリカ、「白い巨塔」で岡田准一の愛人役に

記事まとめ

  • V6岡田准一が主演をつとめるテレビ朝日開局60周年記念スペシャルドラマ「白い巨塔」に沢尻エリカの出演が決定。
  • 作家・山崎豊子作品の中でも“最高傑作”と呼び声の高いこの作品で、沢尻は主人公の愛人を演じる。
  • 沢尻エリカは岡田と共演してみて「思っていたよりもとてもチャーミングで面白い方」とコメント。

沢尻エリカ、“財前”岡田准一の愛人役に 「白い巨塔」出演決定<本人コメント>

沢尻エリカ、“財前”岡田准一の愛人役に 「白い巨塔」出演決定<本人コメント>
沢尻エリカ、岡田准一(C)テレビ朝日
沢尻エリカ/モデルプレス=2月13日】V6岡田准一が主演をつとめ、テレビ朝日開局60周年記念スペシャルドラマとして5夜連続で放送される「白い巨塔」に女優の沢尻エリカが出演することが決定した。

1965、69年に新潮社より刊行された、作家・山崎豊子氏の長編小説『白い巨塔』。大阪の大学病院を舞台にした同作は、医療ドラマの枠を超えて人間の本性に迫り、山崎作品の中でも“最高傑作”と呼び声の高い作品。沢尻は主人公・財前五郎(岡田)の愛人・花森ケイ子を演じる。

◆沢尻エリカ、“財前”岡田准一の愛人役に

財前の愛人でバー『ラディゲ』でホステスを務める花森ケイ子。自立したひとりの女性として、大きな包容力をもって財前を支える彼女は、財前が心を許せる唯一の存在。

医者を志していたケイ子は関西女子医大に入学するものの、医学界の封建制と矛盾だらけの人間関係に辟易とし、大学を中退。その豊富な知識と美貌、そしてホステスとして得た幅広いネットワークを駆使し、教授選を戦う財前を陰ながらバックアップしていく。

正妻でもなく、同僚でもない、まして患者と医師という関係でもないケイ子は、財前のことを“五郎ちゃん”と呼ぶ人物。呼称ひとつにも“愛人”という立場における強い信念がうかがえる。

そんなケイ子という役について沢尻は「世の中的には批判される立場にあるかもしれないですが…」と前置きをした上で、「ある意味、自分に正直に生きている人」と分析。役の設定上、岡田との共演シーンが圧倒的に多いようで、「思っていたよりもチャーミングで面白い方」と、岡田の印象を語っている。...続きを読む

あわせて読みたい

気になるキーワード

  1. 沢尻エリカ ドラマ
  2. 沢尻エリカ 映画
  3. 沢尻エリカ 離婚
モデルプレスの記事をもっと見る 2019年2月13日の芸能総合記事
「沢尻エリカ、“財前”岡田准一の愛人役に 「白い巨塔」出演決定<本人コメント>」の みんなの反応 3
  • 匿名さん 通報

    田宮二郎.verを越える作品は存在しない。主人公だけじゃなく個性豊かな名脇役に恵まれた数少ない力作だからだ。

    5
  • 匿名さん 通報

    田宮二郎の財前はシャっとしたスマートさと野心家な面と外面を取り繕った胡散臭さが同居する文字通り怪演だった。今の役者で置き換えましたくらいの出来なら再放送してくれたほうがいいよ。局ちがうけど。

    1
  • 匿名さん 通報

    壁走りをするのかな?

    0
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

「沢尻エリカ + 離婚」のおすすめ記事

「沢尻エリカ + 離婚」のおすすめ記事をもっと見る

「沢尻エリカ + 映画」のおすすめ記事

「沢尻エリカ + 映画」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「吉高由里子」のニュース

次に読みたい関連記事「吉高由里子」のニュースをもっと見る

新着トピックス

芸能総合ニュースアクセスランキング

芸能総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。