解散から5年ぶり復活 二代目座長・早乙女太一、再集結の理由明かす<劇団朱雀>

解散から5年ぶり復活 二代目座長・早乙女太一、再集結の理由明かす<劇団朱雀>
早乙女太一 (提供写真)
早乙女太一/モデルプレス=5月16日】2015年に解散した大衆演劇の「劇団朱雀」(げきだん すじゃく)が、2019年11月~2020年1月に復活公演を行うことが決定。解散から5年ぶりの再集結となり、劇団朱雀の二代目座長、早乙女太一が総合プロデュース、脚本、演出、振付、出演し、まさにゼロから立ち上げる復活興行となる。

◆解散から5年ぶり再集結「劇団朱雀 復活公演」決定

「劇団朱雀 復活公演」は、三部構成での公演を予定し、一部は女形の早乙女による舞踊ショー、二部は日替わり芝居、三部は全員出演による舞踊ショーと、豪華な仕立ての大衆演劇に。

日替わり芝居の脚本は早乙女とこれまで作品で共にし、早乙女が尊敬し信頼を寄せる日本を代表する劇作家3名の参加が決定。劇団☆新感線座付き作家中島かずき、劇団・扉座の主宰横内謙介、劇団「柿喰う客」主宰中屋敷法仁が担当し、それぞれが大衆演劇に初挑戦となる。

木村了、喜矢武豊らキャストも

劇団朱雀の早乙女公演では常連ともいえる、ベッド&メイキングス主宰の富岡晃一郎、つかこうへい作品でお馴染みの久保田創、小川智之など、これまで劇団朱雀または早乙女の公演でなじみの深いキャストたちが集結。

また、劇団朱雀の座員以外にも、初参加となる木村了や喜矢武豊(ゴールデンボンバー)<※大阪公演・札幌公演のみ>らゆかりのあるキャストたちの出演も決定した。

◆二代目座長・早乙女太一“決意”のビジュアル披露

あわせて読みたい

気になるキーワード

  1. 早乙女太一 ドラマ
  2. 早乙女太一 西山茉希
モデルプレスの記事をもっと見る 2019年5月16日の芸能総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

「早乙女太一 + 西山茉希」のおすすめ記事

「早乙女太一 + 西山茉希」のおすすめ記事をもっと見る

「早乙女太一 + ドラマ」のおすすめ記事

「早乙女太一 + ドラマ」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「鈴木浩介」のニュース

次に読みたい関連記事「鈴木浩介」のニュースをもっと見る

新着トピックス

芸能総合ニュースアクセスランキング

芸能総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。