岡田准一、長野博のV6結成時の暴露に大照れ「14歳だったんで!」

記事まとめ

  • 『水野真紀の魔法のレストラン』にゲスト出演した岡田准一が、長野博との共演にはしゃいだ。
  • 2人はV6結成時を振り返り、岡田は長野に「親子丼食べる?」と優しく話し掛けられたことを思い出した。
  • 長野は岡田に「すね毛、濃いっすね」と言われたことを暴露し、岡田は赤面して「14歳だったんで!」と照れた。

V6岡田准一、長野博の暴露に大照れ「14歳だったんで!」

V6岡田准一、長野博の暴露に大照れ「14歳だったんで!」
水野真紀、長野博、岡田准一(C)MBSテレビ
岡田准一/モデルプレス=6月18日】V6の岡田准一が、19日放送のMBSテレビ『水野真紀の魔法のレストラン』(よる7時~)にゲスト出演。大の仲良しで、番組レギュラー長野博との共演に、意外なはしゃぎっぷりを見せる。

◆岡田准一、長野博に初めてかけた言葉は…

番組は、「京阪」と「阪急京都線」の沿線グルメを比較する内容だったが、京阪沿線の枚方出身で、ひらかたパークのイメージキャラクターをつとめる岡田は、いきなり「超ひらパー兄さんで、おま!」と、決め台詞で登場。普段、大阪で顔を合わせる機会の少ない長野に「博~、久しぶり!」と肩を組みに行き、ノリノリで番組はスタート。

長野と25年の付き合いになる岡田は、グループ結成時のエピソードを披露。当時、14歳の岡田に対し、長野は22歳。「やさしかった。初めて喋りかけてくれたのも食の話。『親子丼食べる?』だった」と当時を懐かしそうに振り返った。

一方、長野は、岡田が自分に初めてかけた言葉は「すね毛、濃いっすね」だったと暴露。「14歳だったんで!」と赤面する岡田に、出演者は爆笑した。

◆岡田准一、絞め技披露

6月21日公開の最新主演映画「ザ・ファブル」では、伝説の殺し屋を演じる岡田。

武術や格闘技のインストラクターの資格を持つ岡田のアイディアが、劇中の殺陣に使われたという話の流れで、ロザン宇治原史規が「どんな格闘技?」と問うと、すかさず長野が「分からないんだったら受けてみれば?」と見事な連携プレーを発揮。

あっという間に、宇治原はプロの技を身をもって学ぶ流れに。岡田の締め技を受けた宇治原は感想を聞かれ、「あ、このままいったら死ぬな~と思った」と率直に語り、現場は大いに盛り上がった。(modelpress編集部)

【Not Sponsored 記事】

あわせて読みたい

気になるキーワード

  1. 岡田准一 ひらパー兄さん
  2. 岡田准一 ドラマ
  3. 岡田准一 宮崎あおい
モデルプレスの記事をもっと見る 2019年6月18日の芸能総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

「岡田准一 + 映画」のおすすめ記事

「岡田准一 + 映画」のおすすめ記事をもっと見る

「岡田准一 + ドラマ」のおすすめ記事

「岡田准一 + ドラマ」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「三宅健」のニュース

次に読みたい関連記事「三宅健」のニュースをもっと見る

新着トピックス

芸能総合ニュースアクセスランキング

芸能総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。