初小説が快挙の高山一実、乃木坂46メンバーの反響を明かす

初小説が快挙の高山一実、乃木坂46メンバーの反響を明かす
高山一実(C)モデルプレス
高山一実/モデルプレス=6月19日】乃木坂46の高山一実が19日、都内で初小説「トラペジウム」(KADOKAWA)が“平成世代が買った本”1位に輝いたことを記念したトークイベントを開催。イベント後に囲み取材に応じた。

同書は、現役アイドルの高山自身が、アイドルを目指す女の子の10年間について綴った本格長編小説で、雑誌『ダ・ヴィンチ』2016年5月号から2018年9月号まで、2年以上にわたって連載され、単行本化にあたり大幅な加筆修正がなされた。また、購入者特典を付けずに初版2万部からスタートし、品切れと重版を繰り返して発売3ヶ月で20万部を突破。文芸書での20万部クラスは、近年では村上春樹東野圭吾ら限られた人気作家のほかは、映像化作品など、ごく一部の話題作しかたどり着くことのない部数となっている。

◆高山一実、ランキング1位の感想

そんな同書が発行部数20万部突破に続き、“平成世代(0歳~30歳)が買った本”のランキングで1位(日販WIN+調べ)を獲得した感想を聞かれた高山は「最初にランキングを聞いたときは、自分のことのような感じはしなくて、『トラペジウム』を発売してから何度かこういう現象になるんですけど、このときほど信じられなかったことはないってくらい(笑)、最初は素直に喜びというよりは、不思議な感じでしたね」と目を輝かせ、「体が宙に浮いている感じがして、だんだんと実感は湧くんですけど、心は天にも昇る気持ちっていうんですか?なので、本当に今は嬉しい気持ちもたくさんありつつ、信じられない気持ちもあって、今日のイベントを終えて思うことは、青空が広がっていて快晴なんですけど、自分は雲の上に乗っていてふわふわしている、そんな幸せな気持ちです」と独特な表現で喜びを口にした。

あわせて読みたい

気になるキーワード

モデルプレスの記事をもっと見る 2019年6月19日の芸能総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「西野七瀬」のニュース

次に読みたい関連記事「西野七瀬」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「与田祐希」のニュース

次に読みたい関連記事「与田祐希」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「堀未央奈」のニュース

次に読みたい関連記事「堀未央奈」のニュースをもっと見る

新着トピックス

芸能総合ニュースアクセスランキング

芸能総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。