TOKIO松岡昌宏、原作者から太鼓判「役者冥利に尽きる」 新ドラマ「死役所」対談

TOKIO松岡昌宏、原作者から太鼓判「役者冥利に尽きる」 新ドラマ「死役所」対談
松岡昌宏(C)「死役所」製作委員会
【モデルプレス=2019/10/16】TOKIO松岡昌宏が主演を務めるテレビ東京系新連続ドラマ『死役所』(毎週水曜深夜0時12分~)が16日よりスタートする。放送に先駆け、主演の松岡と原作のあずみきし氏のスペシャル対談が公開された。

◆松岡昌宏主演新ドラマ『死役所』

同ドラマは、あずみ氏原作の累計300万部(電子書籍含む)を超える同名漫画を実写化。“生と死”や“天国と地獄”といった深いテーマを、魅力ある個性的なキャラクターたちが、時に軽やかに、時に厳かに魅せる。松岡は、あの世の市役所ならぬ「死役所」で働く職員・主人公のシ村を演じる。

対談では、“映像化は困難”と言われてきた原作について、あずみ氏が「これまでドラマ化のお話を本当にたくさん頂きまして。要となるシ村役のキャストの方のお名前を聞いて、『ちょっと違うなぁ』と思うこともあったんですけど、今回は『主演は松岡さんで』とおうかがいして、『行けるな』と思いました」と明かす場面も。

一方で、松岡は「俺は、原作を読んで、『なぜ俺にシ村がきたんだろう?』って謎でしたけどね(笑)」と疑問があったようだが、あずみ氏の言葉に「役者冥利に尽きる」と返している。

◆主演・松岡昌宏×原作・あずみきし氏スペシャル対談

― これまで映像化は困難と言われてきたあずみ先生の『死役所』が、松岡昌宏さん主演でドラマ化ですね。

あずみ氏:ありがたいことに、これまでドラマ化のお話を本当にたくさん頂きまして。要となるシ村役のキャストの方のお名前を聞いて、「ちょっと違うなぁ」と思うこともあったんですけど、今回は「主演は松岡さんで」とおうかがいして、「行けるな」と思いました。

あわせて読みたい

気になるキーワード

モデルプレスの記事をもっと見る 2019年10月16日の芸能総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「嵐」のニュース

次に読みたい関連記事「嵐」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「SMAP」のニュース

次に読みたい関連記事「SMAP」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「関ジャニ∞」のニュース

次に読みたい関連記事「関ジャニ∞」のニュースをもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

芸能総合ニュースアクセスランキング

芸能総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら