バレンタインに向けたチョコの新商品開発現場に潜入<セブンルール>

バレンタインに向けたチョコの新商品開発現場に潜入<セブンルール>
村松美紀さん/9日放送「セブンルール」より(画像提供:関西テレビ)
       
【モデルプレス=2021/02/09】9日放送のカンテレ・フジテレビ系ドキュメンタリー番組「セブンルール」(毎週火曜よる11時~11時30分放送)では、50年以上の歴史を持つ「ガーナ」のバレンタインに向けた新商品開発現場に密着。味を追求するチョコレート研究員・村松美紀さんを特集する。

◆味を追求するチョコレート研究員・村松美紀さんを特集

“ルールが人生を映し出す”。“今最も見たい女性”に密着し、 自身が課す“7つのルール=こだわり”を手がかりに、その女性の強さ、弱さ、美しさ、その人生観を映し出す新感覚ドキュメント「セブンルール」。

埼玉県さいたま市にあるロッテ浦和工場。東京ドームおよそ3個分の広大な敷地にチョコレートやアイスの製造工場が立ち並び、あたりには甘いチョコレートの香りが漂う。今回の主人公は、この工場の敷地内にある中央研究所で、理想の味を追求するチョコレート研究員・村松美紀さん。

入社以来、「パイの実」「コアラのマーチ」「トッポ」などの人気商品に携わり、2年前からはチョコレート売り上げナンバーワンブランドの「ガーナ」を担当する。50年以上の歴史を持つ看板商品の研究員になれるのは2400名を超える社員のうち、選び抜かれた5名のみ。彼女は現在25種類の商品が展開される「ガーナ」チームで部下4名を束ねるリーダーを務め、味の改良や新商品の開発など、すべての味作りを任されている。

東京・町田市出身の村松さんは、幼少期から児童合唱団に所属し、オペラ歌手を夢見ていた。オペラコンクールで入賞するほど打ち込んでいたが、理系の東京工業大学・大学院では建築を学んだ。多才な彼女が選んだのは、子どもの頃から大好きだったチョコレートを作る仕事。「自分が辛かった時も楽しかった時も、チョコレートがそばにあった。私も誰かの人生に欠かせないものづくりがしたい」と、その理由を明かす。

あわせて読みたい

モデルプレスの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

芸能ニュース

芸能ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2021年2月9日の芸能総合記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。