SixTONES松村北斗、朝ドラ初出演で「改めて責任感が芽生えた」 上白石萌音の印象・田中樹からの連絡明かす<カムカムエヴリバディ>

SixTONES松村北斗、朝ドラ初出演で「改めて責任感が芽生えた」 上白石萌音の印象・田中樹からの連絡明かす<カムカムエヴリバディ>
拡大する(全1枚)
松村北斗(C)NHK
【モデルプレス=2021/09/23】2021年度後期のNHK連続テレビ小説『カムカムエヴリバディ』に出演するSixTONES松村北斗が、このほど行われた取材会に出席。朝ドラ初出演への思いや、ヒロインを務め初共演となる上白石萌音の印象などについて語った。

◆2021年度後期朝ドラ「カムカムエヴリバディ」

連続テレビ小説105作目となる今作は、連続テレビ小説『ちりとてちん』の藤本有紀氏が、ラジオ英語講座と、あんこと野球とジャズと時代劇を題材に書き下ろすオリジナルストーリー。

安子・るい・ひなたとして、母から娘へとバトンを繋ぐ、戦前から戦後、そして令和までの物語をヒロインの3人が紡いでいく。初代ヒロイン・橘安子を上白石、二代目ヒロイン・るいを深津絵里、三代目ヒロイン・ひなたを川栄李奈が演じる。

連続テレビ小説初出演となる松村は、雉真繊維の社長・千吉の長男、雉真稔役。家業である繊維業を海外に展開させることを志す大学生。地元で有名な名家・雉真家の跡取りで英語が堪能な好青年。稔との出会いが安子の運命を動かしていく…という役どころとなる。

◆松村北斗、朝ドラ初出演は「変わった伝わり方だった」 田中樹から連絡

― 朝ドラ初出演が決まった時の心境と経緯をお聞かせください。

松村:オーディションを受けて、後日決定のご連絡をいただいたのですが、実は変わった伝わり方だったんです(笑)。と言うのも、一次審査はこちらから動画などを送らせていただいて、二次審査は面接で、その後マネージャーさんから「いいところまで行っている」「もう一回くらいオーディションがありそう」と聞かされていたのですが、数日後に偶然会った滝沢(秀明)さんから、「良かったね!頑張ったね」としれっと言われてしまって、「ありがとうございます!…決まったんですか?」と聞いたら、「あれ!?まだ聞いてない?」「言っちゃダメだった?」と(笑)。僕はそこで初めて合格したことを知りました。

あわせて読みたい

モデルプレスの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

芸能ニュースランキング

芸能ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。

お買いものリンク