【モデルプレス=2024/05/17】女優の永野芽郁が、22日発売の雑誌「VOCE」7月号(講談社)の表紙に登場。永野が同誌の表紙を飾るのは、約1年ぶりで透明感溢れる美肌を披露した。


◆永野芽郁、ナチュラルメイクのピュア顔がキュート

ドラマや映画に引っ張りだこで多忙な日々を送っている中、疲れを少しも感じさせないポジティブオーラ全開の笑顔で撮影に挑んだ永野。スタッフみんなをメロメロにする存在感は、まさに「国民的多幸感」を感じさせていた。

表紙カットでは、透明感溢れる美肌に合わせたナチュラルなピンクトーンメイクでほわほわなピュア顔を披露。撮影中、スタッフからの「可愛すぎる!」という声が止まらなかった。

インタビューでは、永野のハッピー感の源に迫り、最近の趣味事情や、夏にしたいことなど、「今、ときめくこと」を語ってもらった。5月末公開の主演映画についての想いも明かされる。


◆⼭⽥杏奈・畑芽育・桜⽥ひより、夏メイクまとう

「フレッシュミューズと夏メイク」企画には、山田杏奈、畑芽育、桜田ひより、今活躍の女優3人が登場。プライベート含めリアルに交流があるというフレッシュな3人が、それぞれ新作コスメを使って、夏の旬メイク撮影を行った。

山田は、黄みブラウンを目元に大胆にのせたメイクに挑戦。普段はシンプルなメイクが多いという山田、今回のメイクが新鮮だったよう。眩しい太陽が降り注ぐ空抜けのスタジオで、青空に映えるメイクを楽しんでいた。目元を主役にして唇は抜くというバランスの取り方にも、興味津々。
また使用したコスメにも「見ているだけで可愛い」と素敵な感想を語った。夏っぽさたっぷりの大人っぽい表情も披露している。

青みピンクの1トーンメイクに挑戦した畑。多忙スケジュールの合間を縫って夜に行った撮影だったが、持ち前の明るさで現場を盛り上げていた。撮影の終盤で「最後にあと5枚だけ撮らせてください!」と編集部&カメラマンでお願いすると、「本当に5枚だけですよ!?(笑)」とお茶目に返答(実際は20枚ほど撮影)。多幸感溢れるメイクカットに仕上がっている。


桜田は、フルーツカラーを使った最旬くすみメイクを披露。プライベートでもメイクが大好きという桜田は、撮影中もメイク方法に興味津々で、「どのアイテムをどこに入れているか」に関するヘアメイクの解説を、真剣に聞いていた。バラの衣装に身を包み、大きなバラに負けない可愛すぎる姿を誌面で堪能することができる。

◆増刊号表紙はタクヤ・アロハ・ハル

7月増刊号の表紙は、超特急からタクヤ、アロハ、ハル。そのほか、誌面には⽥中みな実、⽥中圭らが登場する。(modelpress編集部)

【Not Sponsored 記事】