【モデルプレス=2024/05/30】SMILE-UP.が5月30日、公式サイトを通じ、被害者及びその家族への誹謗中傷に対して注意喚起を行った。

◆SMILE-UP.、被害者への誹謗中傷に注意喚起

公式サイトでは「故ジャニー喜多川による性加害を受けた被害者の皆様に、改めまして、心よりお詫び申し上げます」と謝罪した上で「弊社は、被害者の皆様及びその御家族に対する誹謗中傷は絶対に許されないと考えており、これまでも誹謗中傷をやめるよう要請して参りました」として、誹謗中傷に遭った被害者などを対象とした心のケア相談窓口を同社に設けていることを伝えた。


「しかしながら、未だに、SNSを中心として、人格を否定・攻撃する発言、根拠のない悪口・非難、被害を受けていても補償を行う必要はないといった発言などの誹謗中傷が行われているとの声が届いております」と現在も誹謗中傷が続いているといい、「被害者の皆様及びその御家族に対する誹謗中傷は、今まで苦しみを背負われてきた方々の苦しみを増すことになるばかりでなく、犯罪行為にもなりえます」と説明。「弊社は、被害者の皆様及びその御家族に対する誹謗中傷が終息するまでは被害者救済は終わらないと認識しており、上記で掲げた誹謗中傷を含めて、被害者の皆様及びその御家族に対するいかなる誹謗中傷もやめることを、ここに改めて要請します」と明かし、誹謗中傷を辞めるよう呼びかけた。(modelpress編集部)

情報:SMILE-UP.
https://www.smile-up.inc/s/su/group/detail/10033?ima=2100

【Not Sponsored 記事】