【モデルプレス=2024/06/24】フジテレビで放送中の報道番組『Live News イット!』(毎週月~金曜/15時45分~)に、この春に入社したばかりの新人アナウンサー・梶谷直史、宮本真綾が加入することが決定。7月よりお天気&フィールドキャスターの一員として、報道番組デビューを果たす。


◆「Live News イット!」フレッシュな顔ぶれ加入

2019年4月から放送中の同局を代表する報道番組『Live News イット!』は、この春で放送6年目に突入。4月からは新たな“夕方の顔”として青井実キャスターを迎えてリニューアルしたばかりだ。これまで番組を支えてきた宮司愛海キャスターに加え、パトリック・ハーランがスペシャルキャスターに就任するなど、より視聴者に寄りそう“オンリーワン”のニュース番組として放送中。“わかりやすく、楽しく、熱く”をテーマにリニューアルした番組に、フレッシュな顔ぶれが加入する。

梶谷アナと宮本アナが担当するのは、あらゆる現場に向かい、自ら取材し自身の言葉でリポートするフィールドキャスターと、ガチャピンと日々の気象情報をそれぞれの個性を生かしながら親しみやすく、かつわかりやすく伝えるお天気コーナーのキャスターの二刀流。梶谷アナが毎週火曜日(初回出演日7月2日)、宮本アナは毎週木曜日(初回出演日7月4日)を担当。
「今を全力投球」をモットーとする梶谷アナが、自らの足で情報をつかみ、等身大のコメントでニュースを伝えていく姿や、「人の話を聞くことが好き」と語る宮本アナが、真摯な態度で相手の言葉に寄り添う取材など、入社3カ月の新人アナウンサー2人が現場と向き合い、ニュースを伝えていく。

◆梶谷直史アナ&宮本真綾アナ、意気込み語る

加入にあたり、梶谷アナは「7月から『イット!』のフィールドキャスターとお天気コーナーを任せていただき、大変光栄で感謝の気持ちでいっぱいです。一方で、責任感をしっかり持たなければいけないと感じています」とコメント。「画面の前に出たからには、新人もベテランも変わりません。プロの伝え手としての自覚を持ち臨みたいと思います」と思いを語った。

また、宮本アナも「7月から『イット!』に携わることが決まり、身が引き締まる思いです。
フィールドキャスターとして、取材に行って感じたことや現場の声を丁寧に伝え、視聴者の皆さまの共感や発見につながればうれしいです」とコメントを寄せ、「視聴者の皆さんにとって『イット!』のお天気を見ることが生活の一部になるように、大好きな料理&グルメ情報も織り交ぜながらしっかりとお伝えしていきます。夕方の忙しい時間ですが、テレビの前の皆さまが“明日も頑張ろう!”と思えるように真摯に頑張ります」と意気込んでいる。(modelpress編集部)

◆梶谷直史(フジテレビアナウンサー)コメント

「7月から『イット!』のフィールドキャスターとお天気コーナーを任せていただき、大変光栄で感謝の気持ちでいっぱいです。一方で、責任感をしっかり持たなければいけないと感じています。画面の前に出たからには、新人もベテランも変わりません。プロの伝え手としての自覚を持ち臨みたいと思います。
お天気コーナーでは、意外と知らない天気の“豆知識”を、自分自身も学びながらお伝えします。また、大学時代に鍛えた自慢の体力でどんな現場にも体当たりで取材し、視聴者との距離が近いアナウンサーになれるよう全力で頑張ります」

◆宮本真綾(フジテレビアナウンサー)コメント

「7月から『イット!』に携わることが決まり、身が引き締まる思いです。フィールドキャスターとして、取材に行って感じたことや現場の声を丁寧に伝え、視聴者の皆さまの共感や発見につながればうれしいです。そして、視聴者の皆さんにとって『イット!』のお天気を見ることが生活の一部になるように、大好きな料理&グルメ情報も織り交ぜながらしっかりとお伝えしていきます。夕方の忙しい時間ですが、テレビの前の皆さまが“明日も頑張ろう!”と思えるように真摯に頑張ります」

◆チーフプロデューサー:渡邊貴(フジテレビ ニュース総局 報道局)コメント

「新人アナウンサーは2人とも勢いとやる気があってハツラツと研修にも臨んでいて、期待したいです。『イット』では現場取材や中継、また天気のプレゼンと新人とはいえ仕事は盛りだくさんです。
1日も早く一人前になって必要な情報を届けられるように、謙虚に吸収して成長して欲しいと思います!」

◆梶谷直史(かじたに・なおふみ)プロフィール

2001年5月11日生まれ。岡山県出身。
特技:野球、美容、ダーツ、ゴルフ、寝起き5秒で全力疾走
資格:普通自動車免許

◆宮本真綾(みやもと・まあや)プロフィール

2002年2月9日生まれ。福岡県出身。
特技:ナンプレ(数字パズル)、フリースロー、目覚まし時計なしで起きる
資格:JBA(日本バスケットボール協会)公認E級審判

【Not Sponsored 記事】