深田恭子主演ドラマ「ルパンの娘」第10話あらすじ

深田恭子主演ドラマ「ルパンの娘」第10話あらすじ
深田恭子(C)フジテレビ
【モデルプレス=2019/09/19】女優の深田恭子が主演を務めるフジテレビ系・木曜劇場「ルパンの娘」(毎週よる22:00~)の第10話が19日、放送される。

◆深田恭子主演「ルパンの娘」

原作は横関大の同名小説で、代々泥棒一家の主人公・三雲華(深田)と代々警察一家の桜庭和馬(瀬戸康史)との決して許されない恋愛を描くラブコメディー。

◆第10話あらすじ

“Lの一族”に衝撃が走る。三雲華(深田)の祖父、巌(麿赤兒)が死んだのだ。ニュースで流れた河川敷で発見された焼死体の立嶋雅夫は、尊(渡部篤郎)によると巌の偽装IDの名前だという。ショックを受ける華、そして信じようとしない悦子(小沢真珠)。マツ(どんぐり)も巌は簡単には死なないと言うのだが…。
 
桜庭和馬(瀬戸)は焼死体事件の捜査に着手。すると、死体について新たな報告が入る。立嶋の直接の死因は鈍器のようなもので殴られたことで、焼かれたのはその後だった。つまり、立嶋は何者かに殺害されたことになる。

和馬は“鈴木花”という偽名をたどった必死の捜査で華と再会を果たす。そして、河川敷の事件現場の近くに落ちていたと、1枚の写真を渡す。写っていたのは巌が身につけていた錠前ネックレス。華は和馬に礼を言い、これ以上自分たちに関わらない方が良いと立ち去った。
 

マンションに帰った華は、尊たちに写真を見せる。すると、尊とマツはネックレスが本物かどうか確かめると言い出した。巌の錠前はマツが同じくネックレスとして身につけている鍵で開くのだ。“Lの一族”は巌の錠前ネックレスを盗むため警視庁へと侵入することに。

警察官に変装した華たちは渉(栗原類)のてんとう虫3号、円城寺輝(大貫勇輔)の力も借りて遺留品保管室に潜入してネックレスを盗みことに成功する。マンションに戻った華たちが、マツの鍵で錠前が開くか試してみることに…。(modelpress編集部)

【Not Sponsored 記事】

あわせて読みたい

気になるキーワード

  1. 深田恭子 Instagram
  2. 深田恭子 instagram
  3. 深田恭子 ドラマ
深田恭子のプロフィールを見る
モデルプレスの記事をもっと見る 2019年9月19日の芸能総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

「深田恭子 + ドラマ」のおすすめ記事

「深田恭子 + ドラマ」のおすすめ記事をもっと見る

「深田恭子 + 写真集」のおすすめ記事

「深田恭子 + 写真集」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「篠原涼子」のニュース

次に読みたい関連記事「篠原涼子」のニュースをもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

芸能総合ニュースアクセスランキング

芸能総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら