<戦後70年「戦争と原爆」を語りつぐ>吉永小百合の朗読とジブリ美術監督・男鹿和雄の挿絵で企画展

岩崎未都里[学芸員・美術教諭]

* * *

「となりのトトロ」(1988)、「もののけ姫」(1997)などのジブリ作品に見られる印象的な美しい背景は、広島県熊野町の「熊野筆」で描かれています。

ジブリ作品の美術監督・男鹿和雄さんが、熊野筆の描き味に惚れ込み、アニメ背景画専用に筆を特注し、そのご縁は始まったそうです。

さて現在、広島駅からクルマで30分の熊野町の山間ある文化施設「筆の里工房」において「戦後70特別企画 第二楽章 男鹿和雄展~吉永小百合と語り継ぐ~」(7月4日~8月31日)が開催中です。

女優・吉永小百合さんは主演作「夢千代日記」(NHK)以来、1986年から17年間にわたり広島や長崎にまつわる朗読をライフワークとして続けてきました。 そんな吉永さんが朗読をCD・詩画集にまとめたのが「第二楽章」です。広島・長崎・沖縄篇がありますが、吉永さんの強い希望により、男鹿さんの挿絵が加えられています。

1997年には、広島篇の朗読CDが「第39回日本レコード大賞企画賞」を受賞。今年3月11日には、福島第一原発被災者らの詩を朗読したCD「第二楽章 – 福島への思い」が制作、発売されました。

今回の企画展の本質は、日本人の「原爆・核・原発」への想い。「平和記念資料館」とは全く違います。何故なら、「戦後70年」と銘打つからには、広島と長崎、加えて男鹿さんが美術監督をしていた1983年のアニメ映画「はだしのゲン」の凄惨な絵とともに、泣かせる朗読が流れるのだろう、と筆者は思い込んでいたからです。

あわせて読みたい

気になるキーワード

  1. 吉永小百合 映画
  2. 吉永小百合 核
吉永小百合のプロフィールを見る
メディアゴンの記事をもっと見る 2015年7月19日の芸能総合記事

「吉永小百合 + 映画」のおすすめ記事

「吉永小百合 + 映画」のおすすめ記事をもっと見る

「吉永小百合 + 核」のおすすめ記事

「吉永小百合 + 核」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「蒼井優」のニュース

次に読みたい関連記事「蒼井優」のニュースをもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

芸能総合ニュースアクセスランキング

芸能総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら