<相撲がプロレス化?>外国人力士の禁じ手を放置する日本相撲協会

両角敏明[テレビディレクター/プロデューサー]

* * *

問題だらけの日本相撲協会の話題は尽きません。

今もテレビは多くの時間を割いていますが、関心は横綱白鵬の取り口に向けられています。各番組は、白鵬の「張り差し」や「カチアゲ」は横綱の品格に関わると問題視し、どちらかと言えば「張り差し」について批判することが多いようです。
<相撲がプロレス化?>外国人力士の禁じ手を放置する日本相撲協会
しかし、「張り差し」と「カチアゲ」を同列に扱うのは誤りではないでしょうか。

横綱の「張り差し」は品位やマナーの問題かもしれませんが、白鵬の「カチアゲ」の実態は「顔面への肘打ち」であり、命に関わる危険な技を放置して良いのかという問題です。「顔面への肘打ち」は非常に危険です。そのため、ムエタイ系以外のほとんどの格闘技でも禁止されています。

ボクシングは拳をグローブで覆うことで衝撃をやわらげて闘う競技ですが、それでも世界では650人以上、日本でもおよそ50人ほどが競技上の衝撃により死亡しています。そのボクシングのパンチ以上に強い衝撃を脳に与えかねないのが「肘打ち」です。

「肘打ち」はプロレスでも見かけますが、よく見ると肩もしくは胸板に向けられています。顔面や頭部への「肘打ち」は脳へ深刻なダメージを与え、身体的障害、ひいては死亡事故を引き起こす可能性が高いのです。実際に日本ではプロレスで「肘打ち」による死亡事故がおきています。

球技でありつつ格闘技の要素もあるラグビーでは衝突等により「脳震とう」が疑われる場合、臨時交代を許して医師がチェックし再出場の可否を判断するHIA(頭部損傷評価)という制度を執っています。

あわせて読みたい

メディアゴンの記事をもっと見る 2018年1月19日のライフスタイル記事

新着トピックス

ライフスタイルニュースアクセスランキング

ライフスタイルランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

コラムの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

生活雑貨、グルメ、DIY、生活に役立つ裏技術を紹介。