劇団・大森カンパニー『あじさい』で下北沢劇場双六が「上がり」

メディアゴン編集部

***

いま一番面白いエンターテインメントは「リアル」だ。
劇団・大森カンパニー『あじさい』で下北沢劇場双六が「上がり」
大メディア・テレビの番組に今ひとつ面白いものが見当たらず、なにか面白いものはないかと物色している。ここ2年ほどは、編集部では数多くの舞台、つまり板の上で生で演じられる芝居やショーを数多く見つめてきた。春風亭昇太の落語、美輪明宏ロマンティック音楽会、中村吉右衛門の絵本太功記、NHKホールの岡崎体育ワンマンコンサート「エキスパート」。神田松之丞の新春連続読み「慶安太平記」完全通し公演・・・などなど、少なくとも編集部で足を運んだものは皆面白かった。

いずれも会場には現在のテレビ・エンターテインメントの世界には絶えて久しい熱気が篭っていた。テレビなんか見てないで、今こそリアルを見る時だ、と痛いほど感じさせられる。その面白いリアルとして、以前から編集部が今、最も注目している「リアル」は、喜劇役者・大森ヒロシが率いる「大森カンパニー」だ。人情喜劇シリーズと、キレの良い芝居コントを2つの目標と定めてもう何年も研鑽を積んで来た。

その大森カンパニーが、「人情喜劇シリーズ第8弾『あじさい』(2019年2月20日~24日)」で満を持して、下北沢劇場双六の「上がり」とも言える本多劇場の板を踏む。下北沢劇場双六とは、数多くの小劇場を抱える演劇の町・下北沢で、極小の劇場から始まり、徐々に客席数の多い、ブランド力のある劇場へとステップアップしてゆくことだ。その頂点に本多劇場がある。

あわせて読みたい

気になるキーワード

メディアゴンの記事をもっと見る 2019年2月9日の芸能総合記事

新着トピックス

芸能総合ニュースアクセスランキング

芸能総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。