<ネットが変える選挙>中途半端な「県」の選挙の着眼点

<ネットが変える選挙>中途半端な「県」の選挙の着眼点
拡大する(全1枚)
水野ゆうき[千葉県議会議員]

***

千葉県知事選挙が終盤に差し掛かった。これまでの千葉県知事選挙の投票率は残念ながら低い。前回の平成29年に施行された千葉県知事選では現職・森田健作知事が3期目を目指して挑み、100万票以上を獲得した圧勝の選挙であったものの、投票率は31.18%。前々回の平成25年においても31.96%という数字だ。
<ネットが変える選挙>中途半端な「県」の選挙の着眼点の画像はこちら >>
しかし、今回は新人同士の選挙ということに加え、豊富な異色候補の存在、千葉市長選や浦安市長選も同日投開票ということもあり、投票率向上に期待を寄せたいが、投票所では新型コロナウイルス感染症感染拡大防止策に万全を期し、県民の不安も払しょくしなくてならない。

一方で、異色候補やエンタメ展開が連日メディアを賑わし、Youtubeなどは彼らを追った動画にあふれている。毎度のことながら、テレビや週刊誌もそれを追随している有様だ。

Youtuberにとっては手っ取り早い再生回数確保のコンテンツなのだろうが、選挙という本来のあるべき姿ではないが、それでも前回の参議院選挙でN国党が当選したり、都知事選挙でも話題となったスーパークレイジーくん(本名:西本誠)が埼玉県・戸田市議に当選するなど、異色候補を囲むエンタメ選挙、Youtuber選挙が侮れないことも事実である。

ところで、筆者のような無所属の候補者にとっては、投票率が非常に重要である。特定政党や団体からの出馬となれば、確実に関係者が投票へと足を運んでくれる。しかし、支持母体やなんの後ろ盾もない無所蔵の候補者はそうはゆかない。しっかりと課題解決の具体策やビジョンなど政策を訴えて、投票所まで足を運んでもらうように365日地域のために活動する。雨が降れば選挙に行かないような有権者に対しても、「ぜひ、この人に一票入れよう」と思っていただき、投票所まで足を運んでもらえるように、しっかりと想いや政策を届けてゆかねばならないからだ。

当時の記事を読む

メディアゴンの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

国内ニュースランキング

国内ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。

お買いものリンク