爆問・太田「当時のサブカルチャー」で小山田擁護は無理筋
拡大する(全1枚)
藤本貴之[東洋大学 教授・博士(学術)/メディア学者]

***

凄惨ないじめの加害者であった小山田圭吾が東京五輪開会式音楽を担当したことに起因する炎上騒動。この件で、爆笑問題・太田光は自身がMCをつとめる「サンデー・ジャポン」(TBS)において、問題の本質を「選んだ側(組織委員会)」にあるとしつつ、激化する小山田への批判について、同情とも論点ずらしとも思える「微妙な擁護」をしたことで、批判が高まっている。
爆問・太田「当時のサブカルチャー」で小山田擁護は無理筋の画像はこちら >>
小山田圭吾がサブカルチャー雑誌に自慢げに語った「過去の凄惨ないじめの事実」について、太田は「時代性」をあげた。つまり、そういう表現や言動が許されるという雰囲気が「当時、サブカルチャーの中にあった」という前提から、「その時代の価値観を知りながら評価しないと、なかなか難しいと思う。今の価値観で断罪してしまうことは」と述べた。

90年代サブカルチャーには、今の価値観だけでは判断できない差別的な表現や暴力的な表現も、時代の文化として存在しており、受容され、消費されていたので、小山田はそれに乗っかっただけだ、と言いたいのであろう。「俺たちのネタもひどいですよ、昔やったネタなんてひどい。未熟だったし、残酷だったし」と、自分たちだって同じように90年代サブカルチャーの中で、現在の価値観では許されないようなネタもやってきた、と語った。

もちろん、80年代から90年代にかけてのサブカルチャーには現在の価値観に相容れないもの、卑猥なもの、現在では尊重されなければならない人権意識が希薄であったり、それが悪質な笑いにおきかえらてしまったような事例は多い。もちろん、それが勢いのあるおもしろさを生み出していた、という事実はあった。現在のナイーブすぎる価値観が日本のエンターテインメント全体をシュリンク(萎縮)させているという現実だってある。太田が指摘するように、現在の価値観で、当時のサブカルチャーの善悪を単純に判断することが難しいことなど、言われずとも誰もがわかっている。