4野党政策協定の重要性 -植草一秀

4野党政策協定の重要性 -植草一秀
拡大する(全1枚)
植草一秀[経済評論家]

***

理想は大切だが、一方で現実的思考も重要。日本政治の刷新を求めている多くの主権者。日本政治を変えなければならないと考える個人は多い。
4野党政策協定の重要性 -植草一秀の画像はこちら >>
しかし、政治を変えるにはプロセスを踏むことが必要。選挙というハードルを越える必要がある。個人が単独で選挙に対処できない。考えを共有する者と力を合わせて対処しなければならない。政治活動が政党を軸にするのはこのため。考えを共有する者が政党を軸に行動する。このプロセスを通じて理想を実現する。しかし、多くの主権者の意思を代表する政党が存在するとは限らない。自分の意思を代弁してくれる政党が存在しないと個人の選挙行動は難しくなる。

安倍・菅政治が9年近くも持続して日本政治の劣化が一気に加速した。経済運営では働く労働者を犠牲にして大資本の利益を極大化させる政策が推進された。労働者一人当たり実質賃金は2012年から2020年の8年間で5.6%も減少した。世界最悪の賃金減少国になった。消費税の税率が5%から10%に倍増された。

政治の私物化も目に余る。森友、加計、桜の三疑惑は、すべて政治私物化の悪しき象徴。刑事事件に発展しているが、問題を引き起こした主犯の犯罪が摘発されていない。新しい政権はこれらの重大事件の真相を明らかにする責任を負うが、岸田氏もその意思を示さない。特定秘密保護法、戦争法制、共謀罪の悪法三法が強行制定された。

憲法改定の手続きを踏まずに憲法の解釈を勝手に変える暴挙も押し通されている。この日本政治を根本から刷新する必要がある。一つの政党で国民の意思を代弁できぬとも、基本的な政策を共有する勢力が連帯すれば対応は可能。このことから、基本政策を共有する政党による共闘体制の構築が求められている。
編集部おすすめ

当時の記事を読む

メディアゴンの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

社会ニュースランキング

社会ランキングをもっと見る
お買いものリンク