ドラマ『最愛』面白いのに視聴率が今ひとつ伸びない原因

ドラマ『最愛』面白いのに視聴率が今ひとつ伸びない原因
拡大する(全1枚)
高橋秀樹[放送作家/発達障害研究者]

***

『最愛』(TBS系、金曜午後10時)をずっと見ている。といっても、リアルタイムの放送を見ているのではない。Tverの見逃し配信で追いかけている。この配信では1位にランキングされることも度々あり、無料とは言え、わざわざ、追いかけて見る人が多いのは、『最愛』が支持されているからに他ならない。
ドラマ『最愛』面白いのに視聴率が今ひとつ伸びない原因の画像はこちら >>
ではなぜ、世帯視聴率が、第1話は8・9%、第2話は8・9%、第3話は8・6%、第4話は8・0%、第5話7・9%とジリ貧になり、10%の大台に乗らないのか。(ここでは、今、各テレビ局が問題にしているコア視聴率[13歳から59歳]は取り上げない。)

その理由は第1話にある。まず、あらすじを見よう。

 (以下公式HPに筆者加筆)本作は、殺人事件の重要参考人となった実業家・真田梨央(吉高由里子)と、梨央の初恋の相手であり事件の真相を追う刑事(松下洸平)、そして、あらゆる手段で梨央を守ろうとする(会社の)弁護士(井浦新)の3人を中心に展開するサスペンスラブストーリー。2006年、梨央が青春時代を過ごしていたのどかな田舎町で失踪事件が起きた。15年後、時代を牽引する実業家となった梨央の前に事件の関係者が現れたことにより、当時の記憶とともに封印したはずの事件が再び動き出す。過去の失踪事件が現在の殺人事件へと繋がってゆく…その事件の真相に迫る姿を完全オリジナルで描く。(ここまで引用)
編集部おすすめ

当時の記事を読む

信のプロフィールを見る
メディアゴンの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「信」に関する記事

「信」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「信」の記事

次に読みたい「信」の記事をもっと見る

芸能総合ニュースランキング

芸能総合ランキングをもっと見る
お買いものリンク