「事実上、全部CM」なテレビ番組に規制はないの?
拡大する(全1枚)
藤本貴之[東洋大学 教授・博士(学術)/メディア学者]

***

テレビ番組、特に情報番組やバラエティ番組などで、「注目の商品」「話題のサービス」を紹介している体を装い、実質、単なる「特定商品、特定サービス、特定企業のCM」でしかない地上波テレビ番組のコーナーは多い。
「事実上、全部CM」なテレビ番組に規制はないの?の画像はこちら >>
かつては、人気テレビドラマで出演者が着ている服や持っているアイテムなどに宣伝効果があり、いわゆる「タイアップ」として利用されるようなことは多々見られたが、近年ことに気になるのは「事実上、全部CMなテレビ番組」である。

タイアップやコラボといった、視聴者にもギリギリ理解されたものや通販番組の類ではなく、明らかに既存のCM概念の許容範囲を逸脱した「事実上、全部CMなテレビ番組=テレビ番組風CM」は少なくない。テレビ離れが著しい若者層からしてみれば、そのようなテレビ番組のあり方は当然なのかもしれないが、かつてのテレビを知っている筆者を含めた中年以上の世代からすれば、違和感は大きい。

先日、以下のようなテレビ番組があった。

冒頭で、ほんの少しだけノーベル賞関連の話題を出す。1分足らずであり、いわば話題を振るための導入に「ノーベル賞」という世界的な、そして公共性のあるキーワードが利用されただけである。分量的にはフリップ1枚だけの情報だ。

それに続き、複数のゲスト出演者のタレントたちに「みなさんがノーベル賞をあげたい、オススメの商品はありますか?」と問うコーナーへと突入する。出演者全員がフリップに企業名・商品名を書き、資料映像を加えつつ、詳細にその魅力を力説する・・・といったものだ。ご丁寧に現物までスタジオに用意されるケースもある。