<原発停止で電気料金値上げ>停止中の東北電力・女川原子力発電所に行ってみた

石川和男[NPO法人社会保障経済研究所・理事長]

* * *

現在停止中の東北電力・女川原子力発電所の設備容量は、1号機52.4万kW、2号機82.5万kW、3号機82.5万kWの計217.4万kW。これで、ほぼ宮城県全体(人口233万人)の電気を賄うことができる。筆者は、そんな女川原発に先日、直接行ってみた。(以下、ちょっとして記録映像も)

2011年3月の東日本大震災以降、女川原発を含めて日本国内の全ての原発が停止し続けている。以前の記事(原発停止で北海道民のお金が「1日6億円」も海外流出)でも書いたが、原発を停止すると、その分を火力発電で代替しなければならない。原発停止が長引くと火力に必要な追加的な燃料費や購入電力料が巨額になる。だから、電気料金を値上げせざるを得なくなる。

(訪問時の記録映像)

→ YouTubeで「<原発停止で電気料金値上げ>停止中の東北電力・女川原子力発電所に行ってみた」を見る

東北電力でも、女川原発1~3号機(計217.4万kW)、東通1号機(110万kW)の全4基の原発が止まり続けている。その結果、2013年9月1日に家庭用で8.94%、産業用で15.24%の値上げを実施した。

この値上げ分は予定外の出費。いったいどのくらいの金額か、公開資料を素に試算してみたいと思う。

震災前2010年度の燃料費等と、前回値上げ認可時の原価(算定期間:2013~15年度)の燃料費等を比較する。その金額の差(追加燃料費等)を、女川・東通の年間稼働日数(365日×稼働率)で割ることで、1日当たりの追加燃料費が算定される。

あわせて読みたい

気になるキーワード

  1. 宮城県 イベント
  2. 宮城県 観光
メディアゴンの記事をもっと見る 2014年11月18日の社会記事

「宮城県 + イベント」のおすすめ記事

「宮城県 + イベント」のおすすめ記事をもっと見る

「宮城県 + 観光」のおすすめ記事

「宮城県 + 観光」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「茨城県」のニュース

次に読みたい関連記事「茨城県」のニュースをもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

社会ニュースアクセスランキング

社会ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。