<吉本新喜劇を見る目的?>単体では特に面白くないお約束の「ギャグ」が存在している理由

       
高橋維新[弁護士]

* * *

「ギャグ」とは、それ単体でおもしろいものではない。

厳密に言えば、実際にはおもしろいものもある。ただ大部分はおもしろくはない。

これまでも何度か書いてきたが、「笑い」というのは「ズレ」から生じるものである。ギャグの中には、ちゃんとこの「ズレ」を提供するものもある。この場合のギャグは、単体でおもしろくなる可能性がある。

例えばレツゴー三匹の「三波春夫でございます」というギャグは、三波春夫でもないのに三波春夫であるという自己紹介をしているというズレがある。そして、ちゃんと「フリ」もある。

他方、大部分のギャグはこのような「ズレ」をちゃんと提供していない。大木こだまの「チッチキチ~」も、ダチョウ倶楽部の「ヤー!!」も、ダンディ坂野の「ゲッツ!」も、何らのズレを提供するものではない。

唯一あるとすれば、「突如意味不明なことを言い始めた」というズレであるが、それは全てのギャグに共通のワンパターンなものであり、何度も繰り返されるうちに受け手にも飽きられ、ズレでもなんでもなくなる。もっとも、何度も繰り返すうちに飽きられるというのはちゃんとズレのあるギャグにも共通してはいるのだが。

ではなぜギャグというものが廃れていないのか。それは、受け手を笑わせる以外の目的と効果を持っているからである。

ギャグを見たときに起きる感情は、「おもしれ~」でも「wwwww」でもなく、「あ、知ってるアレや!」「あの有名なやつや!」という感覚である。
メディアゴンの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

芸能ニュース

芸能ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2015年3月23日の芸能総合記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。