次長課長・河本、母親の生活保護不正受給疑惑にTwitterで逆ギレ!?

次長課長・河本、母親の生活保護不正受給疑惑にTwitterで逆ギレ!?
拡大する(全1枚)
 次長課長河本準一(37)の母親が、生活保護を“不正受給”していたのではないかという疑惑が波紋を広げ続けている。名前を伏せて報道した女性誌の記事を皮きりに、日刊サイゾーが河本の実名を暴露するとネット上で大きな話題になり、自民党の片山さつき(53)、世耕弘成(49)両参院議員が徹底追及の構えを見せるほどの騒動になっているのだ。

 厚生労働省の発表によると、2月の生活保護受給者数は209万7,401人となり、昨年7月から8カ月連続で過去最多を更新している。今回の騒動は、単なる芸人と家族の問題を超えて、生活保護の仕組みを考え直すきっかけにもなろうとしている。

 河本の所属する吉本興業の説明などによると、母親が生活保護の受給を開始したのは河本が売れる前の2000年ごろ。河本の親族には他にも生活保護の受給者が3人おり、芸人という収入が不安定な仕事では全員の扶養は難しく、売れなくなった時の備えとして貯蓄の必要もあるため、福祉事務所と相談しながら受給を続けていたという。

 親子の関係が極端に悪いなど、何らかの事情で親子関係が断絶している場合、扶養を拒否することは可能だ。だが、河本の場合はそれに該当するとは考えにくく、推定年収3,000万円以上といわれる河本が母親を養う余裕が無いとは思えない。しかも河本は、たびたびテレビや雑誌などで母親を「おかん」としてネタにし、母親との関係を描いた著書『一人二役』(07年発売/ワニブックス)は30万部のベストセラーに。文庫化もされており、3,000万円以上の印税も入っている計算になる。
編集部おすすめ

当時の記事を読む

メンズサイゾーの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

「次長課長」に関する記事

「次長課長」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「次長課長」の記事

次に読みたい「次長課長」の記事をもっと見る

芸能総合ニュースランキング

芸能総合ランキングをもっと見る
お買いものリンク